▶︎ 今月のマットレス人気ランキングはこちら

【超厳選!】おすすめマットレス人気ランキング比較|2021年最新版

マットレスはベッドフレームや敷布団の下に使えるだけでなく、フローリングなどに直置きして使うこともできます。

しかし、実はマットレスのメーカーによって特徴や強みは全く異なるため、メーカー選びを間違えると腰痛がさらに悪化してしまうことも。

このようにマットレス選びは非常に重要で、選ぶメーカーによって寝心地を左右することになります。

今回は、これまで実際に10メーカーのマットレスを購入し、寝具専門店で40種類以上のマットレスを研究・比較した当サイト編集部が、もっともおすすめできるマットレスをご紹介します。

長い歳月をかけ研究に研究を重ねたマットレス情報をこの1ページにまとめました。

当記事を一読すればあなたにぴったりなマットレスが見つかるでしょう。


\ おすすめマットレスを今すぐチェック /

腰痛マットレス人気ランキングtop5

マットレスのランキング目安について(正しい選び方)

当サイトではおすすめマットレスのランキング化する上で、大きく4つの目安を比較基準としています。

この4つの目安についてそれぞれ解説します。

ランキング目安(1)料金が安いか

はじめにマットレス選びで重要になってくるのが「料金の安さ」。

高級マットレスであれば10~20万以上、コスパの良いマットレスであれば3万程度と、マットレスの価格はさまざまです。

当然10万円以上する高級マットレスであるほど、質の良いマットレスに出会える可能性が高いのは事実です。

しかし、マットレスに10万以上をかけるのは現実的になかなかハードル高く、また高額マットレスを追い求めるとキリがありません。

そこで当サイトでは、良質でかつ低価格な「コスパの良いマットレス」を選ぶことが得策だと考えています。

ランキング目安(2)寝つき良く快眠できるか

料金と同様に重要視したいのが「寝つき良く快眠できる」良質なマットレスです。

特に快眠できる目安として、以下の条件が揃っていると理想的でしょう。

  • 適度な硬さのあるマットレス
  • 厚みのあるマットレス(8cm前後が理想)
  • 通気性の良いマットレス

硬すぎず柔らかすぎない適度な硬さで、かつ厚みがあれば快適に睡眠できます。(硬さの詳細については後述)

さらに通気性が悪いと、寝汗をかいた時マットレス全体の湿度が上がってしまい寝心地を阻害してしまいます。
そのため通気性の良いと言われるファイバー素材やウレタン素材がおすすめです。

ランキング目安(3)腰痛や背中の痛みを和らげるか

腰痛や背中の痛みを和らげる負担の少ないマットレスは、ウレタンマットレスが最も適しています。

実はこのウレタン系のマットレスには「高反発」または「低反発」の2種類あります。

結論から言うと、腰痛や背中の痛みを和らげるには「高反発マットレス」がおすすめです。
高反発マットレスのメリットは、

    寝返りがしやすい
    腰や背中の負担がかかりにくい
などがあります。
寝返り時は腰に負担がかかるので、寝返りのしやすさは非常に重要です。

ヒツジくん

反対に低反発マットレスは柔らかく吸収性が優れているから、体が深く沈んで腰に負担がかかってしまうよ。一方で低体重(45kg以下)の方であれば低反発マットレスも視野に入れて良いかも…!

このように柔らかいマットレスは最初の寝心地は良く感じますが、睡眠時の体にはあまり良くないのです。
そのため、適度な硬さのある高反発マットレスが腰痛解消にはおすすめです。

ランキング目安(4)耐久性があるか・ヘタれにくいか

一度マットレスを購入したら何年も利用したいですよね。

マットレスの耐久年数はコスパに良いだけでなく、腰痛の方にとっても大きく影響します。

耐久性がないヘタリやすいマットレスを利用し続けると、睡眠時の姿勢が崩れてしまったり、血流が悪くなって腰痛につながるからです。

ウレタンマットレス(高反発マットレス)の耐久性の高さは以下2つの数値で知ることができます。

  • 密度の高さ
    →数値が「25D以上」であれば耐久性が高い
  • 復元率の高さ
    →復元率「90%以上」であれば耐久性が高い

要は「密度が高い」かつ「復元率が高い」マットレスを選べば、すぐにヘタることはなく長期的に利用できます。

【超厳選】腰痛マットレス人気ランキングtop5!

さて4つの目安をご紹介しましたが、これらを踏まえた上でランキング化された「腰痛マットレス人気ランキングtop5」を順に見ていきましょう。

※当ランキングは腰痛に効く高反発マットレスのおすすめランキングです。
※当サイトでは百種類以上あるブランドの中でも、コスパ・寝心地・耐久性などで特に評価が高いブランドだけを厳選しています。

第1位「モットンマットレス」

当サイト人気NO.1 満足度94.2% 90日間返金保証

モットンマットレス
総合評価 ★★★★★4.7
価格 39,800円(税抜)
硬さ 140N(45kg以下)/170N(46~80kg)/280N(81kg以上)
3種類の硬さから選ぶことが可能
厚み 10cm
耐久性 高い(密度30D、復元率96.0%)
素材 ウレタンフォーム
その他 全国配送手数料無料、代引き手数料無料
90日間返品保証

編集部から一言

モットンマットレスはコスパ面・質の高さ・耐久性どれを取っても最高級のマットレスです。
さらに、マットレスの硬さを3種類(140N,170N,280N)から選べる唯一のブランドであるのも特徴です。
マットレスは体重によって適切な硬さが異なってくるため、硬さの調整は大切。そのため、「寝心地を重視したい」「腰痛に効くマットレス」が欲しいという方におすすめです。
また硬さの変更を無料で取り替えできたり、購入から90日以内であれば返品保証があったりと、サポートもしっかりしているので安心ですよ。

モットンマットレスが向いてる人

コスパよくマットレスを購入したい方

自分好みの硬さに調整したい方

高反発マットレスを求める方

90日間お試しで使ってみたい方

マットレスを口コミの良さで選びたい方


\ 人気NO.1 /

詳細サイトへ

第2位「雲のやすらぎプレミアム」

厚さ驚異の17cm! 楽天ランキング1位 安心の日本製

雲のやすらぎプレミアム
総合評価 ★★★★☆4.0
価格 39,800円
硬さ 高反発(150N)
厚み 非常に厚め(17cm)
耐久性 高い(密度35D、復元率99.9%)
素材 ウレタンフォーム
その他 全国配送手数料無料
100日間品質保証

編集部から一言

雲のやすらぎプレミアムは、フランス産羊毛ロレーヌダウンなどを使った5層構造になっており、厚さは驚異の17cm!いわゆる『腰痛に特化したマットレス』として開発されました。
中でも高反発スプリングマットを使うことで、硬すぎず柔らかすぎない絶妙な寝心地を実現してくれます。
マットレス自体がしっかりしているので、体の大きな成人男性や体重が重い方でも体の負担をかけずに快眠できるでしょう。
安心の日本品質でこのコスパの良さはトップレベルのマットレスといえます。

雲のやすらぎプレミアムが向いてる人

マットレス選びで寝心地を重視したい方

腰痛持ちの方

体が大きいor体重が重い方

高反発マットレスを求めている方

日本製のマットレスを求めている方


\ 厚さ17cmの5層構造 /

詳細サイトへ

第3位「エムリリー優反発マットレス」

世界16カ国で販売 安全規格PUR認証を取得済 圧倒的高品質

エムリリーマットレス
総合評価 ★★★★★4.5
価格 27,980円(税抜)
硬さ 上層部:優反発(やや柔らかめ),下層部:高反発の特殊二層構造
厚み 11cm
耐久性 非常に高い(密度:50D、復元率:上層部99.0%,下層部97.0%)
素材 優反発、高反発ウレタンフォーム
その他 全国一律送料無料
三年間品質保証

編集部から一言

エムリリー優反発マットレスは、世界16カ国で販売され、名門サッカークラブのマンチェスターユナイテッド公式サポーターを務めているブランドです。
そのため高品質にとにかくこだわっており、上層部をやや柔らかめの優反発、下層部を高反発とした「特殊二層構造」を使った通常の高反発マットレスとは違う特徴があります。
さらに耐久性密度が50Dと圧倒的で、長期間使ってもヘタらない耐久の高さも強みでしょう。(モットンマットレスの密度は30D)
したがって、「高品質マットレスをコスパよく買いたい」「硬すぎない高反発マットレスが欲しい」「10年以上マットレスを愛用したい」という方は、このエムリリー優反発マットレスがおすすめです。

エムリリーマットレスが向いてる人

とにかく品質の良さで選びたい方

高反発だが硬すぎないのが理想的な方

評判の良いマットレスを使いたい方

10年以上長く使いたい方

三年間の保証サポートが欲しい方


\ 耐久性が圧倒的 /

詳細サイトへ

第4位「マニフレックス メッシュウィング」

折りたたみマットレス イタリアブランド 10年長期保証

マニフレックス メッシュウィング
総合評価 ★★★★☆4.0
価格 31,350円(税抜)
硬さ 硬め(170N)
厚み 厚め(11cm)
耐久性 高い(密度31D、復元率99.1%)
素材 エリオセル
その他 全国配送手数料無料
10年長期保証

編集部から一言

マニフレックス メッシュウィングマットレスは人気のイタリア産のトップブランドで、高品質にも関わらず比較的低コスパなのが特徴です。
さらに他のマットレスと大きく異なるのは、通常のウレタンフォームではなく、エリオセル素材を採用している点。
エリオセル素材は外部の空気を取り込みやすいので、空気が循環し、ムレにくく温度の影響を受けません。そのため、夏は涼しく、冬は暖かく快眠できます。
また硬さは170Dあるので、硬めのマットレスが好きな方に向いているでしょう。

マニフェックスマットレスが向いてる人

高反発の中でも硬めが好きな方

折りたたみマットレスを求める方

洗濯のしやすいマットレスを求める方

温度影響を受けずに1年中使いたい方

長期的な保証(10年)が欲しい方


\ 通気性抜群!エリオセル素材を使用 /

詳細サイトへ

第5位「エアツリーマットレス」

料金の安さNO.1 1年間保証 通気性抜群

エアツリーマットレス
総合評価 ★★★★☆4.1
価格 通常価格59,800円
→19,800円(税抜)
硬さ やや硬め
厚み 8cm
耐久性 高い(密度32D、復元率97.9%)
素材 ウレタンフォーム
その他 全国配送手数料無料
一年間品質保証

編集部から一言

エアツリーマットレスは、高品質ブランドの中でも最も料金が安いマットレスです。
したがって、とにかくコストを抑えて良品質のマットレスを求める方に向いているでしょう。
また、厚みが8cmと他のブランドよりやや薄めではあるものの、マットレスの中心部分を硬めに、末端部分を徐々に柔らかめな構造にすることで体の負担を全身に分散させる仕組みになっています。そのため肩や腰の負担なく快適に寝返りが可能です。
ただし、サイズがシングルサイズ(97×195×8cm)のみしか取り扱ってないので一人暮らしの方や狭い部屋で使う方におすすめです。

エアツリーマットレスが向いてる人

とにかく安くマットレスを購入したい方

持ち運びの気軽さを求める方

高反発マットレスを求める方

シングルサイズを使っている方

寝るときよく汗をかく方


\ 料金最安NO.1 /

詳細サイトへ

迷ったらコレ!「モットンマットレス」を最もおすすめする理由

もしマットレスのメーカーで悩んでいる場合は、モットンマットレスがもっともおすすめです。

元プロ野球選手の山本昌さんが愛用しており、別所温泉や菅平高原の老舗旅館、ホテルの客室でもこのモットンマットレスが導入されています。

また、マットレスはメーカーによってそれぞれ強みが違いますが、「モットンマットレス」は寝心地・耐久性・口コミ・料金あらゆる面において評価できる『バランスのとれたマットレス』です。

具体的な特徴(メリット)は以下の通り。

  1. 日本で唯一自分に合う硬さを選べるマットレス
  2. 万が一硬さ選びに失敗しても無料で取り替え可能
  3. 厚み10cmで寝返りしやすく腰痛改善にも◎
  4. 復元率96.0%で10年以上利用してもヘタらない(耐久性が高い)
  5. 畳や床に直置きでもOK
  6. 高品質にも関わらず低コスパ
  7. 通気性が良く夏場も蒸れにくい
  8. 販売数10万本以上かつランキング1位で評判が高い
  9. 90日間返品保証があるので安心

マットレス選びに失敗したくない、高品質かつコスパの良いマットレスが欲しいという方は「モットンマットレス」で間違いないでしょう。
さらに万が一満足いかない場合でも90日間返品保証があるので安心です。


\ 当サイト人気NO.1 /

【一目で分かる】おすすめ腰痛マットレス24種を徹底比較!

当サイトでは、国内で人気のマットレス24メーカーについて「コスパ(料金の安さ)」「寝心地」「硬さ(反発力)」「耐久性」の4項目で評価しました。

料金が安くても品質が良くなければコスパの良いマットレスとは言えません。また逆も然りです。
4項目でバランスの取れたマットレスを選ぶのが最適でしょう。

ブランド名 コスパ 寝心地 硬さ 耐久性
フレアベル そこそこ高い 非常に快適 腰への負担少ない 復元率は高い
エアツリーマットレス 非常に安い 快適 寝返りしやすい 高い
サータマットレス 非常に高い 非常に良い 心地良い高反発 ポケットコイル◎
モットンマットレス コスパ良い 非常に快適 腰への負担少ない 高い
エムリリー優反発 コスパ良い 快適 硬すぎない特殊二層構造 非常に高い(密度50D)
ドクタータフィ コスパ良い 薄く底つき感がある 柔らかく反発力少ない 密度,復元率記載なし
雲のやすらぎプレミアム コスパ良い 快適 反発力はそこそこ 非常に高い
オクタスプリング コスパ良い 厚さやや薄め(低反発)

柔らかすぎる 高い
ゼロキューブ コスパ普通 快適 やや硬め 密度,復元率記載なし
ビブラート1 高い 非常に快適 硬めで寝返りしやすい 復元率は高い
マニフレックス メッシュウィング コスパ良い 快適 硬め 高い
コアラ マットレス そこそこ高い 非常に快適 硬すぎない特殊二層構造 密度は高い
13層やすらぎ 非常に高い 非常に快適 やや柔らかめ 密度,復元率記載なし
エアウィーヴS02 コスパ普通 利便性に特化 硬さあまりない ヘタりやすい
スージーAS快眠マットレス 非常に安い 厚さが薄い 丁度良い 高い
シモンズ マットレス 非常に高い 体圧分散力高め 心地良い高反発 ポケットコイル◎
テンピュール マットレス 非常に高い やや柔らかめ(低反発) 反発力少ない ヘタりやすい
トゥルースリーパー マットレス 安い 厚さやや薄め(低反発) 柔らかすぎる ヘタりやすい
ニトリ マットレス 非常に安い 厚みはある 反発力そこそこ 耐久年数短め
日本ベッド マットレス 非常に高い 寝返りしやすい 厚さも硬さも十分 非常に高い
無印良品 マットレス そこそこ高い 快適 硬さ普通 密度高い
イケア マットレス コスパ普通 厚みがあり良い 硬すぎない 耐久年数短い
エコラテエリート 非常に安い 快適 硬さあまりない 耐久年数短い

「腰痛マットレス人気ランキング」に戻る

【目的別で選ぶ】あなたにピッタリなマットレスはどれ?

自分に合ったマットレスが欲しい!という方は、何を最優先事項にするかで選ぶマットレスも変わってきます。

マットレスメーカーの各特徴を分け、目的別に選びやすくしたのでぜひ参考にしてみてください。

寝返り・腰痛・肩こりで悩んでいるなら【高反発マットレス】

マットレスを選ぶ上で「高反発」か「低反発」でたびたび比較されますが、今もっとも人気あるのが高反発マットレスです。

高反発マットレスは、反発力が高いため体が沈むことなく、スムーズに寝返りしやすい特徴があります。

また、理想的な睡眠姿勢が保てるので、腰痛持ちや肩こりに悩んでいる方に最適です。

    ▼高反発マットレスがおすすめな人

  • スムーズに寝返りをしたい人
  • 腰痛持ち・肩こりで悩んでいる人
  • 体重45kg以上の人
  • マットレスの底つき感を感じたくない人

>>>「腰痛マットレス(高反発マットレス)人気ランキング」をチェックする

寝相の悪さで悩んでいるなら【低反発マットレス】

一方、低反発マットレスは反発力が低いため、寝返りするのではなく体を安定させる特徴があります。
柔らかいので体が沈み、ポジションが安定します。

ただし、高反発マットレスよりも耐久性が低く、また通気性もイマイチです。
さらに体重が重い人は沈みやすいので床の底つき感を感じてしまう可能性もあります。

そのため、体重が軽い方や寝返りが多くて困っている方などに向いています。

    ▼低反発マットレスがおすすめな人

  • 寝返りが多すぎて途中で目覚めてしまう人
  • 体のフィット感を重視する人
  • 体重45kg以下の人

コスパの良さなら【低価格マットレス(2万円以下)】

マットレスは1万円のものから10万円以上するものまで、上をあげたらキリがありません。

当サイトがおすすめするのは「コスパの良い高品質なマットレス」。
コスパ重視で選ぶ方は、料金の安さだけでなく、品質も保証されたマットレスを選びましょう。

    ▼低価格マットレスがおすすめな人

  • なるべく安く済ませたい人
  • 一人暮らしの学生
  • 持ち運びや手軽さも重視したい人

ブランド性を求めるなら【高級マットレス(10万円以上)】

料金は高くてもいいからブランド性と品質の良さを追求したい、という方は高級マットレスも視野に入れてみましょう。

海外メーカーだと「SIMMONS(シモンズ)」「Serta(サータ)」、日本メーカーは「日本ベッド」などが有名ですね。

    ▼高級マットレスがおすすめな人

  • ブランド性あるマットレスを使いたい人
  • コスパの良さは求めていない人
  • 高級ホテルと同様のマットレスを導入したい人

持ち運びの手軽さなら【折りたたみマットレス】

高反発マットレスほど厚さがあるため、寝心地が良い反面、収納しづらいデメリットもあります。

そのため、収納しやすいマットレスが欲しい方は折りたたみマットレスがおすすめです。

    ▼折りたたみマットレスがおすすめな人

  • マットレス直置きで寝ている人
  • 毎日就寝具を収納する人
  • 手入れのしやすいマットレスを求めている人

手入れのしやすさで選ぶなら【ファイバーマットレス】

マットレスの洗濯や手入れ方法に困っている方は、「洗えるマットレス」として人気のファイバーマットレスがおすすめです。

    ▼ファイバーマットレスがおすすめな人

  • 常にマットレスを清潔にしておきたい人
  • 手軽に手入れできるマットレスを求める人
  • 子供と一緒にベッドを使う人

10年以上使うなら【耐久密度35D以上のマットレス】

マットレスを長持ちさせたい方は耐久性の高いマットレスを選びましょう。

一般的に耐久密度30D以上あれば、耐久性の高いマットレスと言われています。
特に10年以上利用する場合は35D以上あれば安心です。

詳しくは『腰痛マットレスランキングtop5』でご紹介した5メーカーの耐久密度を参考にしてみてください。

ブランド名 耐久密度 復元率 予測耐久年数 耐久性
モットンマットレス 30D 96.0% およそ5年~8年 高い
エムリリー優反発マットレス 50D 上層部99.0%,下層部97.0% およそ15年以上 非常に高い
エアツリーマットレス 32D 97.9% およそ5年~8年 高い
雲のやすらぎプレミアム 35D 99.9% およそ10年以上 非常に高い
マニフレックスマットレス 31D 99.1% およそ5年~8年 高い

ちなみに復元率とは、マットレスに圧力をかけた時にどれだけ元の状態に戻れるかを示した数値のことを言います。
100%に近い数値ほど当然耐久性の高いマットレスということになりますね。

買うか迷っているなら【お試し保証付きマットレス】

「マットレスで失敗したくない」「一度試してから購入するか検討したい」という場合は保証サービスのあるメーカーで購入するのが得策です。

以下は『腰痛マットレスランキングtop5』でご紹介した5メーカーについてまとめています。

ブランド名 保証の有無 保証の期間
モットンマットレス 有り 90日間返品保証
エムリリー優反発マットレス 有り 3年間品質保証
エアツリーマットレス 有り 1年間品質保証
雲のやすらぎプレミアム 有り 100日間品質保証
マニフレックスマットレス 有り 10年間品質保証

返品保証があるのは唯一モットンマットレスのみですね。
一方その他のメーカーは、返品はできませんが取り替え交換の保証があります。


「腰痛マットレス人気ランキング」に戻る