注意!ブレスエアーの口コミ&評判|東洋紡敷布団・マットレスの評価とは?

ブレスエアー(BREATHAIR)
口コミ&評判を徹底分析!

大手化学繊維メーカー「東洋紡とうようぼう」が開発したブレスエアーマットレスは、クッション性に優れた素材です。

中でも水に強く丸洗いできるのが特徴的で、清潔感を保ちたい方やアレルギー持ちの方でも安心して使えるのがメリットです。

当記事ではブレスエアーの口コミレビューや評判を調査し、合う・合わない人の特徴を辛口評価していきます。

また、マットレスや敷布団など各種類を比較し、違いやおすすめの選び方についてもまとめていくのでぜひ参考にしてください。

ブレスエアー オールシーズン40mm

重ねて使うトッパータイプ
丸洗い可能なファイバー素材
通気性抜群で蒸れにくい

評価
A評価 (4.1 / 5)
種類
高反発ファイバーマットレス
価格
シングル:14,800円(税込)
硬さ
適度な硬め(反発力:非公表)
厚さ
4cm
寿命
約3~4年(密度D:非公表、復元率%:非公表)
素材
ファイバー
保証
なし
生産国
日本製

\ 寝具に重ねて寝心地アップ /

ブレスエアーの良い口コミ&評判

当サイトがブレスエアーの口コミを調査したところ、良い口コミ・悪い口コミのいずれもありました。

はじめに良い口コミから見ていきましょう。

良い口コミ1「マットレスを洗濯できる・洗える」

以下は『マットレスを洗濯しました』『軽いし洗えるので良かった』とブレスエアーが洗える点を評価する口コミです。


東洋紡ブレスエアーのマットレスを洗濯しました(東洋紡ブレスエアーはご家庭で洗って繰り返し使えるクッション材です)

肋骨凹介@2巻発売中@hekosukeTwitterからの口コミ

@wzmFdqIR3LxGEiB ブレスエアーは軽いし洗えるので良かったです。洗ったこと無いけど。

ぱたぽん @marimorita4Twitterからの口コミ

ふるさと納税で東洋紡のブレスエアーというマットレスをゲット。エアウィーヴほど高くないのでオネショされても悲しくないし丸洗いも可。空気層が多めなせいか暖かいのに湿気やダニ埃は少なく衛生的。クッション硬め。まだ届いて数日だけど、すごく気に入ってます!
滋賀県東近江市さんありがとう🙌

りこ @Riko5555STwitterからの口コミ

ブレスエアーはファイバー素材

ブレスエアーはゴム弾性のあるポリエステルを絡めて固めた「ファイバー素材」でできています。

このファイバー素材は水に強いため、丸洗いができるのが特徴です。

そのためマットレスが汚れてもカバーだけでなく中材も洗え、アレルギー持ちや肌の弱い方でも安心して使えるのが強みです。

良い口コミ2「ブレスエアーは涼しい・蒸れにくい」

2つ目に、通気性の良さや熱がこもりにくいとの良い口コミもありました。


@illillilllllll あと、ブレスエアー素材の枕とマットレス使ってる。普通のマットレスだと熱が籠もるから、もうブレスエアーじゃないと無理

DagaDugDune @DagaDugDuneTwitterからの口コミ

@OvercomePeanuts 東洋紡のブレスエアーだったかな? 固くて通気性がよくて洗えるマットレスに、極薄の木綿の敷布団のせて肌触り調節してます。
値段も目玉が飛び出るほどではなかったはず。

k1t(外神) @k1togamiTwitterからの口コミ

具合が悪いわけではないのにここ数日よく眠っている。3日トータルで29時間。新しく買ったマットレスのおかげなのかどうか。東洋紡のブレスエアーってやつだけど、熱がこもらなくて体を面で受け止めてくれて寝やすいのは確か。

テロメア @eriihideTwitterからの口コミ

ブレスエアーは通気性の良い素材

日本で販売されている格安マットレスの多くはウレタン素材でできており、通気性があまり高くありません。

一方でブレスエアーのファイバー素材であれば、素材に空気が多く含まれており、通気性に優れています。

そのため暑い夏でも蒸れにくく涼しく快眠できるでしょう。

良い口コミ3「寝心地が良い・腰痛改善された」

ブレスエアー特有の素材だけでなく、マットレス選びで重要な”寝心地の良さ”や”腰痛効果”を評価する声もありました。

反発力が適度にあるので、体の沈み込みの心配はほとんどなく使えるでしょう。


おはようございます!
高反発マットレス
ブレスエアーが届きました!

気持ちよく寝れた最高! pic.twitter.com/LnB2iX2hQr

ピュアじじい @purejijii_comTwitterからの口コミ

ベッドの上に置いている高反発敷きマットレスが限界で、思い切って前々から使ってみたかったブレスエアー(新幹線のシートとかに使われてる素材)を購入。一晩寝てみたら、夜中に目覚める事も無く超爆睡してたwまあ、お盆疲れもあったのだろうけど、買って良かったかも

Coo @505particuliereTwitterからの口コミ

フツーのマットレスの上にブレスエアーの薄型マットレス敷いたらかなり腰楽に

うにおんでるた @union_deltaTwitterからの口コミ

ここ何年か使ってるマットレス
またお昼寝用に同じの買いたした。
東洋紡のブレスエアー
高反発なのでぎっくり腰持ちに良い。
ニトリのシングル敷布団カバーにピッタリ入るので重宝してる pic.twitter.com/dcLZ6NlMR7

meeeecha46 @abarth74Twitterからの口コミ

\ 寝具に重ねて寝心地アップ /

ブレスエアーの悪い口コミ&評判

さて、ブレスエアーの良い口コミをご紹介しましたが、一方で悪評と言われる声も一部にはありました。

悪い評判1「ブレスエアーの中材の音がする」

以下は『ギシギシとした感触があり安っぽい印象』『寝ると変な音がする』と中材の音を指摘する口コミです。

おそらくファイバー素材の繊維同士の摩擦の音ですが、特にへたりができると出やすいので注意が必要です。


ブレスエアーのマットレスは熱を蓄えないので夏期に良い感じ。
ただし押し込むとギシギシとした感触があり安っぽい印象もある。ビジネスホテルのベットが近い。

F@ベース走期間 @F_warajiTwitterからの口コミ

通販でブレスエアーなるマットレスを買った。激しく予想に反する素材感。想像以上の弾力性。寝ると変な音がする上に思ったよりも寝心地が良くて、どんな総合評価を下していいのかまだわからない(*´Д`*)

きりえれいこ @kiliereikoTwitterからの口コミ

ブレスエアーは立体構造なんでミシミシうるさいけど、わしは犬のマットで慣れた音なんで問題なく快眠。

あっくん/くろだ/コロッケそば/左曲之助 @maakkun33Twitterからの口コミ

悪い評判2「マットレスや敷布団がへたった」

また『ヘタってしまった』と耐久性を指摘する声も。

したがってへたりに対する対策は何かしら必要と言えるでしょう。


ブレスエアーって素材のマットレス1年ぐらい使ったけど完全にヘタってしまったのでまたマットレス探しになる

大沖活動 @daioki_katsudouTwitterからの口コミ

どうも寝心地がおかしいと思ったんだけど、やはりブレスエアーの腰のあたりがヘタって薄くなってしまってるっぽい。マットレスも買い替えっか……

安室奈美夫 @strangeweekTwitterからの口コミ

マットレスはブレスエアーに乗り換えた時期もあって、それもいい商品だったんだけど、熱に弱いというのをしっかり読んでいなかったので、布団乾燥機をかけてペショっとさせてしまい、今はまたマニフレックスを使ってる。

でんきねこ @denkineko_tigTwitterからの口コミ

他素材よりもへたりやすい

ブレスエアーが採用するファイバー素材は、他の素材と比べると耐久性があまり高くありません。

マットレスのモデルにもよりますが、寿命は約3~4年と推定できるでしょう。

またファイバー素材は熱に弱く、熱いシャワーを直接当てたり、布団乾燥機を使うとへたってしまう可能性があります。

したがって長持ちさせるために、敷きパッドを敷いたり、定期的にお手入れをすることが大事です。

【結論】ブレスエアーマットレス(敷布団)の最終評価

これまでの内容から、当サイトにおけるブレスエアーの最終評価は以下の通りです。

ブレスエアーの評価
最終評価
4.1 A評価
腰痛改善
4.1
寝心地
4.2
耐久性
3.6
コスパ
4.5
使いやすさ
4.3
素材の品質
4.3
保証・サービス
3.1

トータルで評価すると「5ポイント中4.1ポイント」のA評価となります。

※4.0ポイント以上であれば評価の高いマットレス、4.5ポイント以上であれば当サイトで紹介するマットレスの中でも特に評価できるマットレスとなります
※上記の評価はあくまで当サイト独自で分析&調査した結果です

【快眠マットレスおすすめ2022】人気55メーカー総合ランキング

ブレスエアーがおすすめな人・おすすめでない人

このことから、ブレスエアーがおすすめな人・おすすめでない人の特徴を改めてまとめると以下の通り。

ブレスエアーがおすすめな人

  • 通気性の良さを重視したい人
  • マットレスを水洗いしたい人
  • 体重45~70kg
  • 格安のファイバーマットレスが欲しい人
  • また、ブレスエアーがおすすめでない以下の特徴に該当する場合は、他のメーカーを検討するのも手です。

    ブレスエアーがおすすめでない人

  • 体重70kg以上・硬めの寝心地が好みな人
    →硬さのある「高反発マットレス」がおすすめ
  • 体重45kg以下・柔らかめが好みな人
    →柔らかい「低反発マットレス」がおすすめ
  • 耐久性の高さ(寿命8年以上)を求める人
    →スプリングコイル使用の「ポケットコイルマットレス」がおすすめ
  • 耐久性の高いファイバーマットレスが欲しい人
    →「エアウィーヴマットレス」がおすすめ
  • ぜひご自身の睡眠環境や好みの寝心地に合わせて、ベストなマットレス選びをしてみてください。

    ブレスエアー全種類(マットレス・敷布団)の違いを比較

    類似品?ブレスエアーとエアウィーヴの違いを比較

    ブレスエアーと比較されることの多いエアウィーヴ

    そこでここからは、ブレスエアーとエアウィーヴの違いを細かく比較していきます。

    ブレスエアーとエアウィーヴの素材の違い

    ブレスエアーとエアウィーヴはいずれも水洗いが可能な「ファイバーマットレス」に分類されます。

    ただし厳密には使用している原料が異なり、いずれも独自の素材を開発したものを使用しています。

    (※エアウィーヴの原料はポリエチレン、ブレスエアーの原料はポリエステル+ゴム弾性の原料)

    この原料の違いから、エアウィーヴは反発力の強い硬めの寝心地、ブレスエアーは適度に柔らかさのあるしなやかな寝心地が特徴です。

    注意!エアウィーヴの評判&口コミから分かる評価【体験レビュー】

    ブレスエアーとエアウィーヴのマットレスパッドを比較

    以下では具体的にブレスエアーとエアウィーヴの商品を比較してみました。

    ブレスエアー エアウィーヴ
    ブレスエアー オールシーズン エアウィーヴ01
    素材 ファイバー ファイバー
    硬さ(反発力N) 柔らかめ 適度な硬め
    厚み 4cm 6cm
    値段 シングル:14,800円 シングル:66,000円
    セミダブル:79,200円
    ダブル:92,400円
    クイーン:106,700円
    キング:118,800円
    腰痛改善 期待しづらい 効果的
    (2種類の硬さ)
    寝心地 良い 適度な硬め
    価格 コスパ良い 高価格帯
    通気性 非常に良い 非常に良い
    寿命 約1~3年 約3~5年
    サイズ シングル シングル,セミダブル,ダブル,クイーン,キング
    使い方 既存の寝具に重ねて使う
    保証 なし 3年品質保証
    30日返品保証

    上記表を改めてまとめると以下の通り。

    • ブレスエアー」は柔らかめ、「エアウィーヴ」は適度な硬めの寝心地
    • 「エアウィーヴ」の方が腰痛効果や寝心地、人気が総合的に高い
    • 「ブレスエアー」の方が安い
    • 「エアウィーヴ」の方が耐久性が高い

    予算がある場合は基本的に「エアウィーヴ」がおすすめですが、コスパ良くファイバーマットレスが欲しい方は「ブレスエアー」が向いているでしょう。

    ブレスエアーに関する疑問Q&A

    最後にブレスエアーに関するよくある質問を見ていきます。

  • ブレスエアーの最安値店舗は公式/ディノス/Amazon/楽天どれ?
  • ブレスエアーはへたる?耐久性は?
  • ブレスエアーは寒い?
  • ブレスエアーの洗い方は?お手入れ・洗濯方法
  • ブレスエアーに合うカバー・シーツは?
  • ブレスエアーの最安値店舗は公式/ディノス/Amazon/楽天どれ?

    ブレスエアーのネット販売では、主にdinos(ディノス)・Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングで販売されています。

    公式サイト(東洋紡公式サイト)では直接販売されていません。

    以下表は「ブレスエアー オールシーズンズ40mm」で値段比較したものです。

    ディノス Amazon 楽天 Yahoo!
    ディノス Amazon 楽天 Yahoo!
    シングル 販売なし 14,800円 14,800円 16,000円
    保証 なし
    送料 無料

    ※値段は変更する場合があります(全て税込み)

    上記表から「Amazon」または「楽天」が最安値であることがわかります。

    ブレスエアーはへたる?耐久性は?

    ブレスエアーの耐久年数は3~4年とあまり高くありません。

    ただし使い方次第では長持ちできる場合があり、特に定期的にお手入れをすることで寿命を延ばすことができます。

    詳しくは下記記事を参考にしてください。

    へたりに注意!ブレスエアーの寿命を徹底解説|耐久性を上げるには?

    ブレスエアーは寒い?

    ブレスエアーは繊維を絡めて構成された素材であるため、通気性が良く、特に冬は寒く感じてしまう可能性がゼロではありません。

    一方で夏は快適に過ごせ、熱がこもる心配がない点はメリットです。

    もしブレスエアーで寒く感じた場合はカバーやシーツを加えるなど対策が必要でしょう。

    寒い?ブレスエアーの欠点を辛口暴露!デメリットから分かる向き不向き

    ブレスエアーの洗い方は?お手入れ・洗濯方法

    ブレスエアーのお手入れの手順は以下の通り。

  • カバーを取り外し洗濯する
  • 中材を冷たいシャワーに当てて洗う
  • 中材を壁に立てかけて乾燥させる
  • なお、薄いモデルのマットレスであれば、お風呂に水を溜めて中材を沈め、足踏みしながら汚れを落とすと、より汚れが落ちやすくなります。

    ブレスエアーに合うカバー・シーツは?

    出典:Amazon公式

    ブレスエアーは購入時にカバーは付属されていますが、汚れ回避に新たにカバー&シーツを重ねて使うのが最適です。

    その際にファスナータイプではなく、上から被せるタイプのカバー&シーツを選びましょう。

    以下はマチ(高さ)が30cmまで対応しているため、ブレスエアーにも使える市販のカバーです。



    ブレスエアー オールシーズン40mm

    重ねて使うトッパータイプ
    丸洗い可能なファイバー素材
    通気性抜群で蒸れにくい

    評価
    A評価 (4.1 / 5)
    種類
    高反発ファイバーマットレス
    価格
    シングル:14,800円(税込)
    硬さ
    適度な硬め(反発力:非公表)
    厚さ
    4cm
    寿命
    約3~4年(密度D:非公表、復元率%:非公表)
    素材
    ファイバー
    保証
    なし
    生産国
    日本製

    \ 寝具に重ねて寝心地アップ /

    マットレス選びに悩んでいませんか?

    当サイトでは、人気の寝具メーカーを徹底的に調査し、本当におすすめできるマットレスを厳選しました。
    以下のページでは、寝心地の良さ・体への負担の少なさ・コスパの良さ・耐久性の高さなど、バランスの取れたマットレスをご紹介しています。

    マットレス人気ランキングはこちら