高反発マットレスの硬さはニュートン(N) で測る!体重で理想の硬さが異なる訳

高反発マットレスのニュートン(N)とは何か気になっていませんか。

ニュートン(N)の高い・低いでマットレスの硬さが変わってきます。

そのため、寝心地の良いマットレスを選ぶ上で非常に大切な数値になります。

そこで当記事では、

  • ニュートン(N)とはそもそも何か
  • ニュートン数が合わない場合の例
  • 理想的な硬さについて
を解説していきます。

高反発マットレスの硬さ「ニュートン(N)」とは

「ニュートン(N)」とはマットレスの反発力を示す単位で、ニュートンの数値が大きいほど反発力が強く硬いマットレスなります。

反発力が強いと、体が沈みにくく寝返りがしやすいといった特徴があります。

また、具体的な定義はありませんが、消費者庁によると(https://www.caa.go.jp/policies/)

  • 75ニュートン未満
    →柔らかめの低反発
  • 75~110ニュートン
    →ふつう
  • 110ニュートン以上
    →硬めの高反発

と定義されています。

とはいえこれはあくまで目安で、痩せ型の人は反発力が弱い低反発、体重の重い人は高反発を選ぶのが一般的な選び方です。

マットレスの理想の硬さ(ニュートン)は体重で変わってくる

前述通り、マットレスの硬さは体重によって適切なニュートン(N)数が変わってきます。

NG⑴ニュートンが高すぎる場合

ニュートンの数値が高すぎる場合、つまりマットレスが硬すぎる場合は、体とマットレスの間に隙間ができてしまい負担を感じやすくなります。

腰や背中が部分的に圧迫され、痛みに繋がることも。

体重が軽い方が反発力の強いマットレスを使うと、この傾向になりやすいです。

NG⑵ニュートンが低すぎる場合

逆に、ニュートンが低すぎる場合、つまりマットレスが柔らかすぎる場合もNGです。

反発力が弱いので体が深く沈み、腰や背中が集中的に体重がかかりやすくなるためです。

また、深く沈むので寝返りがしづらいデメリットも。
寝返りをしないとリンパの流れを悪くしたりむくみになりやすいので、最低でも一晩で20回以上は必要になってきます。

体重別で分かる、理想の硬さ(ニュートン)の目安表

したがって、これまでの内容から体重に合った硬さ(ニュートン)を選ぶ必要があります。

以下で、各体重別の理想的なニュートン数を表にしました。

硬さ(ニュートン)
体重45kg以下 100ニュートン以下
体重45~80kg 140~150ニュートン
体重80~100kg 170~180ニュートン
体重100kg以上 200ニュートン以上

なお、当サイトでは基本的に低反発マットレスをおすすめしてません。
前述したように、柔らかい低反発素材は腰への負担が大きく、睡眠中の体にあまり良くないためです。

そのため、反発力のある高反発素材で、なおかつ自分に合った硬さを選ぶのが得策です。

【体重別】おすすめ高反発マットレスの各ニュートン5選

最後に、当サイトがおすすめする高反発マットレスをご紹介します。

当サイトでは反発力(ニュートン)も併せ、以下5点を抑えたマットレスを厳選しました。

    寝心地:硬すぎず柔らかすぎない最適な寝心地か
    反発力:体の負担を軽減させる反発力があるか
    コスパ:料金が安く抑えられているか
    耐久年数:10年以上長持ちするか
    体圧分散性:体圧分散性に優れているか

何を重視したいか、目的に合わせて選ぶと良いでしょう。

(※リンクをクリックすると各項目に飛びます)

なお、詳しい料金やサイズなどは次章の「まとめ:一目で分かる、各メーカー比較一覧表」でまとめています。

全体重に対応「モットン(140N/170N/280N)」

モットンマットレスは腰痛向けに開発された高反発マットレスです。

硬さ(ニュートン)が「140N」「170N」「280N」の三種類あり、自分の体重に合った硬さを選べる唯一のメーカーになります。
そのため、どんな体重の方にも対応しているのがメリット。

また、万が一硬さが合わなかった場合は無料で交換可能なので安心です。

さらに反発力があり、全身を均等に持ち上げる体圧分散に優れているので体に負担がかかりません。
そのため、腰痛持ちや肩こりで悩んでいる方に最適です。

質の高さ・寝心地・コスパどれを取ってもレベルの高い万人受けしやすいマットレスと言えるでしょう。


体重50~80kg向け「雲のやすらぎ(150N)」

雲のやすらぎは厚みが17cmある、5層構造の高反発マットレスです。

硬さは「150N」で、体重50~80kg向けになります。

高反発ではありますが、表面に羊毛(フランス産ロレーヌダウン)を使用しているため柔らかい寝心地が特徴です。

また、楽天で人気1位になるなど評判の良さも評価されています。

ベッドマットのような、厚みのある高反発マットレスをコスパよく購入するなら雲のやすらぎが最適でしょう。


柔らかめが好きな人なら「エムリリー(70N,140N)」

エムリリーマットレスは、上層部をやや柔らかめの優反発、下層部を高反発とした「特殊二層構造」を使っています。

そのため、通常の高反発マットレスとは違い、高反発の機能性を持ちつつ寝心地も追求したマットレスです。

またコスパも良く、16,980円から購入できるのも◎。

さらに耐久性密度が50Dと圧倒的で、長持ちするのもメリットでしょう。
(耐久性が高いと言われるモットンの耐久性密度は30D)

したがって、高反発マットレス特有の硬い寝心地が苦手という方や、長く使いたいという方はこのエムリリーが最適です。


子供や赤ちゃんにも安心「コアラマットレス(70~200N)」

コアラマットレスは、低反発&高反発を組み合わせたオーストラリア生まれのベッドマットレスです。(120日間返金保証有り)

オーストラリア生まれですが、日本人好みの柔らかさに再開発されているため柔らかい寝心地が特徴です。

硬さは、「上70N,中120N,下200N」と三段構造になっており寝心地にこだわっているのが分かりますね。

そのため、子供や赤ちゃんにも安心です。
また、横向き寝やうつ伏せ寝をしたい人にもおすすめ。

さらに、衝撃を吸収するクッション性に優れており、例えば一緒に寝ている隣の人が動いても振動が伝わりにくくなっています。
振動で途中に目覚めるといった心配がありません。

硬い寝心地が苦手な方や子供と一緒に寝る方に向いているでしょう。


スポーツしている人におすすめ「エアツリー(推定200N前後)」

エアツリーマットレスは、硬めの高反発マットレスでスポーツをする人に向いています。

硬さは公式では発表されていませんが、推定「180~200N程度」となります。

もっとも体重がかかりやすい中心部分(腰)を硬めにし、頭と足部分を柔らかめにした構造になっています。
そのため、体圧分散に優れ、使いすぎた筋肉を休ませる効果があります。

また、厚み8cmと薄型で重さも6kg程度なので、女性でも持ち運びできる点も◎。
さらに側生地にバンドが付いているのでコンパクトに収納できます。

高反発マットレスの中では料金が安いため、コスパ良く硬めのマットレスを利用するならこのエアツリーが最適です。


まとめ:一目で分かる、各メーカー比較一覧

最後に「モットン」「雲のやすらぎ」「エムリリー」「コアラマットレス」「エアツリー」の5つを具体的に比較します。

(←スクロールできます→)

モットン 雲のやすらぎ エムリリー コアラマットレス エアツリー
モットン 雲のやすらぎ エムリリー優反発 コアラマットレス エアツリー
種類 高反発 高反発 優反発&高反発 低反発&高反発 高反発
硬さ 硬め 柔らかめ やや柔らかめ 柔らかめ かなり硬め
料金 シングル
:39,800円
セミダブル
:49,800円
ダブル
:59,800円
シングル
:39,800円
セミダブル
:49,800円
ダブル
:59,800円
セミシングル
:16,980円
シングル
:17,980円
セミダブル
:22,980円
ダブル
:27,980円
シングル
:72,000円
セミダブル
:82,000円
ダブル
:92,000円
クイーン
:102,000円
シングル
:19,800円
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
硬さ 140N/170N/280N
自由に選べる
150N 上70N,下140N 上70N,中120N,下200N 推定200N
厚み(高さ) 10cm 17cm 5cm/8cm/11cm 22cm 8cm
折りたたみ 不可 不可
直置き 不可
密度 30D 35D 50D 35D 32D
耐久年数 8~10年 10年以上 10年以上 10年以上 5年
素材 ウレタン ウレタン,ロレーヌダウン等 優反発、高反発ウレタン ウレタン,クラウドセル等 ウレタン
サイズ シングル,セミダブル,ダブル シングル,セミダブル,ダブル セミシングル,シングル,セミダブル,ダブル シングル,セミダブル,ダブル,クイーン シングルのみ
お試し保証 90日間返金保証 100日間返金保証 なし 120日間返金保証 なし
お申し込み 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

したがってマットレスは以下のように選ぶと良いでしょう。

  • 腰痛改善効果アリ「モットン
    →どんな体重にも対応
  • 厚み17cmの高反発「雲のやすらぎ
    →50~80kg向け
  • 薄型の優反発(柔らかめ)「エムリリー
    →50~80kg向け
  • 柔らかめの三段構造ベッドマット「コアラマットレス
    →どんな体重にも対応
  • コスパ最強!硬めの「エアツリー
    →体重80kg以上、またはスポーツする人向け

なお、この中で無料お試し利用ができるのは、「モットン」「雲のやすらぎ」「コアラマットレス」の3つになります。

ぜひ自分に合ったマットレス選びをしてみてくださいね!