【全く違う】コアラマットレスとトゥルースリーパーを比較した結果

コアラマットレストゥルースリーパーで迷っていませんか。

いずれも柔らかさを備えたマットレスですが、実は使い方から寝心地まで全く違います。

そこで当記事では、コアラマットレスとトゥルースリーパーを徹底比較し違いを検証していきます。

マットレス選びに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

※なお、当記事では人気モデル「Newコアラマットレス」と「トゥルースリーパー プレミアケア」で比較していきます。

一目で分かる!コアラマットレスとトゥルースリーパーの比較一覧

はじめにコアラマットレスとトゥルースリーパーのそれぞれの概要を見ていきます。
以下の比較表でまとめてみました。

コアラマットレス トゥルースリーパー
Newコアラマットレス トゥルースリーパー プレミアケア
種類 高反発 低反発
料金 シングル:82,000円
セミダブル:92,000円
ダブル:107,000円
クイーン:117,000円
シングル:27,280円
セミダブル:30,280円
ダブル:33,280円
クイーン:36,280円
反発力 80N(100N)+160N 70N
寝心地 普通~やや硬め 非常に柔らかめ
厚さ 23cm 5cm
折りたたみ 不可
耐久年数 約8~10年 約3~5年
素材 低反発+高反発ウレタン 低反発ウレタン
保証 120日間返金保証 60日間返金保証
特徴 ベッドマットレス
・硬すぎない
・振動を吸収
トッパーに最適
・非常に柔らかい
・日本製

※値段は全て税込み

それでは具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

おすすめはどっち?違いは「使い方」と「寝心地」

「コアラマットレス」は厚み23cmのベッドマットレスであるのに対して、「トゥルースリーパー」は厚み5cmのトッパーです。

したがって主な選び方としては以下のように選ぶと良いでしょう。

  • 適度に反発力もあるベッドマットレスなら「コアラマットレス」
    →低反発&高反発を融合したベッドマットレス
  • 寝具が硬く寝心地改善させるなら柔らかめの「トゥルースリーパー」
    →低反発素材で柔らかいトッパーマットレス

それぞれ全く違うので、睡眠環境に合わせて選ぶことをおすすめします。



※コアラマットレスの口コミはこちら

※トゥルースリーパーの口コミはこちら

検証:コアラマットレスとトゥルースリーパーを徹底比較

さて、ここからは「コアラマットレス」と「エアウィーヴ」の違いをより細かく見ていきます。

当記事では、以下の5点についてそれぞれ比較してみました。

  1. 使い方:トゥルースリーパーはトッパー
  2. 寝心地:トゥルースリーパーの方が柔らかめ
  3. 腰痛改善:コアラマットレスの方が効果的
  4. 寿命で比較:コアラマットレスの方が長持ち
  5. コスパ:トゥルースリーパーの方が安い

使い方:トゥルースリーパーはトッパー

前章でもお話したように、「コアラマットレス」は厚み20cm以上のベッドマットレスで、ベッドフレームの上で使うのが一般的です。

一方で「トゥルースリーパー」は厚み5cmのトッパータイプで、既存の寝具の上に重ねて使います。
(※一部直置きタイプの取り扱いあり)

このようにそもそもの使用用途が異なるので注意しましょう。

なお、寝具を全て買い替える予定のない方は、トッパーで重ねることで予算面が抑えられます。

寝心地:トゥルースリーパーの方が柔らかめ

寝心地で比較すると「コアラマットレス」はやや硬め、「トゥルースリーパー」は非常に柔らかめといえます。

「トゥルースリーパー」は低反発マットレスなので、うつ伏せ寝もしやすい女性や子供に人気な寝心地です。

一方で「コアラマットレス」は高反発マットレスですが、上層部に低反発ウレタンを使用しているため、一般的な高反発マットレスよりは硬さが抑えられています。

腰痛改善:コアラマットレスの方が効果的

次に腰痛改善では「トゥルースリーパー」よりも「コアラマットレス」の方が効果的です。

腰痛改善には低反発マットレスよりも、高反発マットレスの方が効果が期待できるためです。

柔らかいマットレスは体が沈み込み、腰に負担が集中することで腰痛になりやすいですが、高反発マットレスであればその心配がありません。

ただし「コアラマットレス」に関しては体重80kg以上の場合は向かないでしょう。

柔らかさも備わっているため、体重が重いと体が沈み込むことで腰に負担がかかります。

本格的に腰痛対策をしたい場合は、腰痛を前提として作られたマットレスが最適です。

腰痛マットレスのおすすめ8選比較|売れ筋ランキング1位は?

寿命で比較:コアラマットレスの方が長持ち

「コアラマットレス」の寿命は約8~10年、「トゥルースリーパー」は約3~5年程度です。

そもそもの厚みが違うので耐久性に差はありますが、それを考慮した上でも「トゥルースリーパー」の寿命はやや短めとなっています。

コスパ:トゥルースリーパーの方が安い

最後にコスパで比較すると「トゥルースリーパー」の方が安いです。

各サイズの値段は以下の通り。

エアウィーヴ
スマート02
トゥルースリーパー
プレミアケア
シングル 82,000円 27,280円
セミダブル 92,000円 30,280円
ダブル 107,000円 33,280円
クイーン 117,000円 36,280円

※値段は全て税込み

コアラマットレスの方が長持ちすることを考慮すると妥当ではありますが、予算も合わせた上で判断すると良いでしょう。



※コアラマットレスの口コミはこちら

※トゥルースリーパーの口コミはこちら

【結論】ベッドマットレスなら「コアラマットレス」トッパーなら「トゥルースリーパー」

これまでの内容を改めてまとめていきます。

以下は「コアラマットレス」と「トゥルースリーパー」の当サイトでの評価を表にしたものです。

コアラマットレス トゥルースリーパー
Newコアラマットレス トゥルースリーパー プレミアケア
寝心地
(仰向け寝)
やや硬め 柔らかめ
寝心地
(横向き寝)
しやすい 腰に負担がかかる
寝心地
(うつ伏せ寝)
悪くない 心地良い
腰痛効果 ふつう 期待できない
値段 高め 普通
耐久性 良い 低い

これらを踏まえて「コアラマットレス」が向いている人・「トゥルースリーパー」が向いている人をそれぞれ見ていきます。

なお、別メーカーも検討したい場合は下記記事も参考にしてください。

【快眠マットレスおすすめ2022】人気55メーカー総合ランキング

コアラマットレスが向いている人

コアラマットレスが向いている人

  • ベッドマットレスを探している人
  • 体重45~80kg
  • 柔らかさも備えた高反発マットレスを探している人
  • 筋力の弱い女性や高齢者・子供
  • 夫婦やカップルで二人で使いたい人
  • まずは120日間お試し利用したい人
  • コアラマットレスはオーストラリア発の高反発ベッドマットレスです。

    生産国は中国ですが、販売されているマットレスは日本限定モデルなので、日本人の体に合わせて開発されています。

    適度に柔らかさも備えた寝心地が好みで、腰痛や肩こりに特に悩みがない方に向いているでしょう。

    ただし体重80kg以上の場合は、柔らかすぎる場合があるので注意が必要です。
    (※体重80kg以上の方や硬めが好みな方は別の高反発マットレスが最適です)

    購入に迷っている場合は「120日間のお試しサービス」を検討してみると良いでしょう。

    【コアラマットレス体験】口コミ評判から分かる評価|悪いレビューあり

    トゥルースリーパーが向いている人

    トゥルースリーパーが向いている人

  • 柔らかい寝心地が好みな人
  • マットレストッパーを探している人
  • 現在の寝具が硬くて寝付けない人
  • 筋力の弱い女性や高齢者・子供
  • うつ伏せ寝をよくする人
  • 寝返りを抑えたい人
  • まずは60日間お試し利用したい人
  • 「トゥルースリーパー」は現在使っている寝具で寝付けない場合に、寝心地改善として上に重ねるのに最適です。

    寝具を全て買い替えるわけではないので、予算面が抑えられます。

    また、マットレスが柔らかいため体重が重い人向けではありませんが、女性や子供、高齢者でも安心して利用できます。

    現在「60日間の全額返金保証」サービスを実施しているので、気になる場合は一度使ってみてから判断すると良いでしょう。

    【トゥルースリーパー体験】口コミ評判から分かる評価|悪いレビューあり

    柔らかさのある高反発ベッド「コアラマットレス」
    高い体圧分散 隣の振動を吸収 オーストラリアメーカー

    お試し利用で120日間無料!新感覚の寝心地マットレス!


    ▶︎ 口コミ記事へ

    柔らかい寝心地のトッパー「トゥルースリーパー」
    低反発マットレス 子供や女性に人気 寝具に重ねて使う

    お試し利用で60日間無料!寝心地改善マットレス!


    ▶︎ 口コミ記事へ