▶︎ 今月のマットレス人気ランキングはこちら

マニフレックスマットレスの口コミ評判は?11種を徹底比較した結果【完全版】

マニフレックスのマットレスの口コミや評判が気になっていませんか。

現在、高反発マットレスのメーカーは沢山ありますが、中にはステマやヤラセなど胡散臭い企業があるのも事実です。
マットレスへの追求を10年以上してきた当サイト編集部も、数多くのステマ・やらせを見てきました。

しかし、結論から言うと、マニフレックスは非常に高品質でおすすめできるブランドと言えるでしょう。

現に、プロサッカーの香川真司選手や元力士の嘉風関が愛用していることからもいることからも人気・実績が伺えます。

また、すべての製品がイタリアの工場で一貫生産されており、現在では世界99カ国に輸出されています。

とはいえ、必ずしも全てが良い評判なわけではありません。
そこで今回は、良い口コミ・悪い口コミをそれぞれピックアップし、さらにメリット・デメリット、そして全11種の比較など徹底解説していきます。

>>>マニフレックスの公式サイトはこちら

目次

はじめに:マニフレックスマットレスの基本情報

まずは簡単にマニフレックスの基本情報を確認します。
マニフレックスはイタリアの創業50年以上の歴史を持ち、年間およそ400万台以上生産されています。

冒頭でもお話したように、現在では多くのスポーツ選手が愛用し、サッカーの香川真司選手や野球の山田哲人選手などがいる名門ブランドです。

大きな特徴は、マニフレックス独自で開発された「エリオセル」素材。
この高反発のエリオセルを使うことで、腰痛改善に効き体の負担を軽減します。

そのため「どのマットレスが腰痛に効くのか分からない」「硬すぎず柔らかすぎないマットレスが欲しい」という方は、マニフレックスを選んでおけば、まずは失敗することがありません。

なお、マニフレックスでは大きく分けて4つのタイプがあります。

タイプ 商品(詳細ページ) 特徴 予算
三つ折りタイプ メッシュウィング
DDウィング
レオナルド
・折りたたみ可能
・収納が便利
28,600円~77,000円
敷布団タイプ イタリアンフトンⅡ
マニフトンカモ
・一枚だけ敷いてOK
・二枚重ねもOK
25,562円~40,648円
ベッドマットレス モデル246
オクラホマ
モデルローマ
フラッグFX
・一枚もの
・厚め(16cm以上)のマットレス
30,250円~225,500円
マットレストッパー
(薄型)
スーパーレイEX
スーパーレイロイヤル
・マットレスと併用するもの
・より快適にしたい人向け
41,800円~61,600円

詳しくは、マニフレックスマットレスの各種の特徴と選び方にて解説しているのでそちらも参考にしてください。

三つ折りタイプの「マニフレックス メッシュウィング」が一番人気

もし種類選びに迷っている場合は、三つ折りタイプのメッシュウィングがおすすめ。
(詳細:三つ折り1「メッシュウィング」:一番人気のマットレス)

やや硬めの高反発マットレスで、腰の痛み・背中の痛み・肩こりなどを解消してくれるマットレスです。

また、折りたためるので収納やお手入れがしやすく、コスパが良いのも◎。

マニフレックスを代表するマットレスと言えばこのメッシュウィングなので、迷っている方にはおすすめです。


\ 人気NO.1 /

マニフレックスの悪い口コミ&評判

さて、簡単に特徴をお話しましたが、ここからはマニフレックスの悪い口コミ&評判を見ていきましょう。

悪い口コミ1「カビ生えてた」

https://twitter.com/zaramero_/status/1258575947969597441?s=20

『マットレスにカビが生えてた』との口コミです。

マニフレックスに限らず、ウレタン性のマットレスは通気性が良く蒸れにくい一方で、直置きなどをすると水分が結露してカビが生えやすくなります。

そのため、すのこベッドや除湿シートを下に敷いて対策すると良いでしょう。

悪い口コミ2「値段が高い」

https://twitter.com/salt_flats/status/1056587283401306113?s=20

『マニフレックス高いな』『高いのと安いのの差が凄い』と料金に関する声も。

確かにマニフレックスには10万円以上する高級ベッドがあり値段がやや張ります。

しかし、実は2万~3万円程度のマットレスもあり、当記事の最後にマニフレックスを他メーカーと徹底比較|料金・硬さ・厚みなどで比較していますが、他メーカーと比べて低価格のマットレスもあるため、種類によって値段は変わってきます。

マニフレックスの良い口コミ&評価

次に良い口コミ&評価は以下の通り。

良い口コミ1「腰痛が治った」

『腰痛が一発で治った』との嬉しい口コミ。
マニフレックス独自のエリオセル素材は、腰痛改善に効く高反発フォームが特徴です。

良い口コミ2「10年以上使っているがヘタらない」


https://twitter.com/tsixe/status/1251425336249577472?s=20

また、『もう十年以上使ってる。しかしへたらない。』と耐久性が強いのもメリットです。

一般的にマットレスの耐久性は、30D以上あれば10年持つと言われていますが、マニフレックスは最低でも「31D」、最高で「75D」の密度を持つマットレスがあるので耐久性が非常に高いです。

良い口コミ3「寝心地が良い」


https://twitter.com/u8CBJr4LSFFhqfa/status/1195460955016056832?s=20

最後に『寝心地良すぎる』『寝つきは良くなりました』と寝心地に関する良い口コミもありました。
以上まとめてみると、総じてマニフレックスの口コミは他メーカーよりも多かった印象がありました。

【口コミ&評判まとめ】マニフレックスマットレスを5段階で総合評価

さて、悪い口コミ・良い口コミをそれぞれ見ていきましたが、内容をまとめると以下の通りです。

    腰痛改善に効果的
    高反発で体に負担がかかりにくい
    耐久性が高く10年以上使ってもヘタらない
    適度な硬さ&厚みで寝心地が良い
    通気性が良いためカビが生えやすい
    値段は2万~10万円以上とさまざま

また、これらの口コミを併せて5段階評価すると、

総合評価 Sランク(★4.4)
※ランク別の商品比較はこちら
腰痛改善 ★★★★★
寝返りのしやすさ ★★★★★

料金の安さ ★★★☆☆
耐久性&長持ち度 ★★★★★
保証サポート ★★★★☆

となります。

料金は安いものから高いものまで、マットレスの種類によって変わってくるのでマイナス星2、また保証サポートは返金保証がないためマイナス星1にされています。

とはいえ、それ以外はほぼ完璧で、特に腰痛や肩こりで悩んでいる方や寝返りができない方に最適なマットレスです。

したがって、「腰痛を治したい」「寝心地の良いマットレスが欲しい」「長持ちするマットレスを使いたい」という方はマニフレックスが向いているでしょう。


\ 腰痛改善に最適 /

マニフレックスのデメリット

ここからはマニフレックスマットレスのデメリット・メリットをご紹介します。

はじめにデメリットから見ていきましょう。

(※リンクをクリックすると各項目に飛びます)

デメリット1.定期的なお手入れが必要

マニフレックスはエリオセルという通気性の良い素材を使用しています。

このエリオセルは、夏は蒸れにくいメリットがありますが、直置きの場合に水分がフローリングや畳の間に結露してカビが生えやすくなります。

そのため、日陰干しなど定期的なお手入れが必要がでしょう。
また、敷きパッドやすのこを下に敷くのもおすすめです。

デメリット2.売り切れることが度々ある

沢山の種類のマットレスがあるものの、売り切れることが度々あり常に全種類揃っているわけではない点も要注意です。

例えば当サイト編集部が確認した時点では、公式販売サイトで、「メッシュウィング」のセミシングル・シングルロング・クイーンサイズがソルドアウトしていました。

また全国にマニフレックスを販売する店舗はありますが、Web上にある種類のマットレスが必ずしも取り扱っている訳ではなく、むしろ非常に少なく限られてきます。

そのため売り切れる前に、タイミングを見計らって購入するのが得策です。

マニフレックスのメリット

次にマニフレックスのメリットを見ていきます。

(※リンクをクリックすると各項目に飛びます)

メリット1.腰痛改善に効く

そもそも横になって寝る際に、もっとも重心がかかりやすいのが腰と背中です。
低反発マットレスの場合、その重い部分が支点となって全体重を支えるので、結果腰痛や肩こりに繋がります。

一方マニフレックスでは、「エリオセル」素材を使っているため負担が軽減され腰痛改善に効果的です。

「エリオセル」とは世界特許取得済みの、マニフレックスで独自開発された高反発フォームで、すべての製品に採用している素材。

低反発マットレスとは異なり温度によって寝心地が変化しないのが特徴で、「寝返りしやすい」「硬すぎず柔らかすぎない」という強みもあります。

メリット2.通気性が良く一年中使える

また、マニフレックスは通気性が非常に良いため、四季を問わず一年中使えます。

一般的なマットレスで使われているポリウレタンフォームは空気や水を通しにくく、汗がたまってムレます。
また、温度に弱いので、日本のような四季のはっきりした国では、冬は硬く夏は柔らかくなるといった硬度変化に悩まされることも。

一方マニフレックスのエリオセル素材であれば、空気や水を通しやすい素材なので、汗を吸収し夏は涼しく、暖かい空気を含むことによって冬は暖かいと言えます。

メリット3.長期保証がある

最長15年の長期保証があるのもメリット。
通常、マットレスメーカーは1年,3年程度が多いため、このように長期に渡って保証されるのは安心でしょう。

とはいえ、マニフレックスマットレスは耐久性が高くヘタレにくいので大きな心配はありません。

一般的には「密度30D以上」あるマットレスであれば10年は持つと言われていますが、マニフレックスが使っているエリオセル素材には最低でも「31D」、最高では「75D」を誇る密度で耐久性が非常に強いです。


\ 腰痛改善に最適 /

マニフレックスマットレスの各種の特徴と選び方

ここからはマニフレックスマットレスの各種の特徴と選び方を解説します。

マニフレックスは様々なタイプがあり、当記事では大きく以下の4つに分けてご紹介します。

  • 三つ折りタイプ
    ・折りたためるマットレス
    ・収納やお手入れがしやすい
  • 敷布団タイプ
    ・一枚のみでもそのまま使える
    ・二枚重ねもOK
  • ベッドマットレス
    ・一枚もの
    厚め(16cm以上)のマットレス
  • マットレストッパー
    ・マットレスと併用するもの
    ・より快適にしたい人向け

これらの特徴を抑えた上で、自分に合ったマットレスを選ぶと良いでしょう。

また、タイプ別の各商品については以下を参考にしてください。

(※リンクをクリックすると各項目に飛びます)

▼マットレスの各タイプ一覧

タイプ 商品(詳細ページ)
三つ折りタイプ メッシュウィング:一番人気のマットレス
DDウィング:柔らかめマットレス
レオナルド:裏表使える2層構造
敷布団タイプ イタリアンフトンⅡ:一枚のみでも使える高反発
マニフトンカモ:厚みと通気性がアップ
ベッドマットレス モデル246:硬めで腰痛改善に◎
オクラホマ:厚み23cmで寝心地抜群
モデルローマ:柔らかめの高級マット
フラッグFX:万人受けしやすい
マットレストッパー
(薄型)
スーパーレイEX:通気性抜群
スーパーレイロイヤル:気温に影響されにくい素材

三つ折り1「メッシュウィング」:一番人気のマットレス

メッシュウィング
価格 セミシングル:28,600円(税抜)
シングル:31,350円(税抜)
シングルロング:40,040円(税抜)
セミダブル:42,900円(税抜)
ダブル:54,450円(税抜)
クイーン:66,000円(税抜)
硬さ やや硬め(170N)
厚み 11cm
耐久性 高い(密度:31D)
素材 エリオセル
保証 10年

編集部から一言

メッシュウィング」はマニフレックスの全ラインナップの中でも特に人気の高いマットレスです。
そのため、サイズがセミシングルからクイーンサイズまで広く用意されており、また低価格でコスパも抜群。

特徴としては、反発力が170Nでやや硬めであるため腰痛改善に効果的です。

したがって「腰痛に効く高反発マットレスが欲しい」「収納しやすい三つ折りが欲しい」という方はメッシュウィングがおすすめです。

メッシュウィングが向いてる人

三つ折りタイプの高反発を求めている人

腰痛を治したい人

収納やお手入れのしやすさで選びたい人

コスパが良いマットレスを求めている人

蒸れにくいマットレスを求めている人

↑各タイプ一覧に戻る

三つ折り2「DDウィング」:柔らかめマットレス

DDウィング
価格 シングル:55,000円(税抜)
セミダブル:66,000円(税抜)
ダブル:77,000円(税抜)
硬さ 表面柔らかめ(表面:70N、その他170Nの二層構造)
厚み 13cm
耐久性 高い(密度→表面:75D、その他:31D)
素材 表面:エリオセルMF、その他:エリオセル
保証 10年

編集部から一言

DDウィング」は表面を柔らかめの低反発に、下層部を硬めの高反発にした2層構造の三つ折りタイプマットレスです。
そのため、高反発マットレスが硬く寝づらいと感じる人はこの「DDウィング」が向いているでしょう。
値段は三つ折りタイプの中ではやや高めですが、寝心地の良さを追求したい人におすすめ。

DDウィングが向いてる人

硬すぎないマットレスを求める人

寝心地も追求したい人

収納しやすい三つ折りタイプが欲しい人

値段をそこまで気にしない人

↑各タイプ一覧に戻る

三つ折り3「レオナルド」:裏表使える2層構造

レオナルド
価格 シングル:46,250円(税抜)
セミダブル:55,500円(税抜)
ダブル:65,000円(税抜)
硬さ 普通(表面:115N、その他170Nの二層構造)
厚み 11cm
耐久性 高い(密度→表面:28D、その他:31D)
素材 表面:エリオセルソフト、その他:エリオセル
保証 10年

編集部から一言

メッシュ・ウィング レオナルド(以下,レオナルド)」はメッシュウィングがさらにグレードアップしたマットレスです。
硬さが異なる2層構造になっているため、どちらを上面にして使うかで、2種類の違う寝心地を楽しめます。
また素材にメッシュを使うことで、蒸れにくく通気性も抜群です。

レオナルドが向いてる人

万人ウケする硬さのマットレスが良い人

両面使って寝心地を楽しみたい人

通気性の良いマットレスを求める人

折りたたみマットレスを求める人

↑各タイプ一覧に戻る

敷布団1「イタリアンフトンⅡ」:一枚のみでも使える高反発

イタリアンフトンⅡ
価格 シングル:25,562円(税抜)
シングルロング:37,400円(税抜)
セミダブル:33,105円(税抜)
ダブル:40,648円(税抜)
硬さ やや硬め(170N)
厚み 7cm
耐久性 高い(密度:31D)
素材 上面:エリオセルソフト、下面:エリオファイバー+エリオセル
保証 3年

編集部から一言

イタリアンフトンⅡ」は1枚のみでもそのまま使える、布団タイプのマットレスとして国内限定で開発されました。
もちろんすでに使っている敷寝具の上に重ねて使うこともできます。
ただし厚みが7cmとやや薄いため、体重が重い方や直置きで使う方は底つき感を感じてしまう場合があるでしょう。

イタリアンフトンⅡが向いてる人

敷布団を探している人

重ねて使いたい人

今以上の寝心地を追求したい人

折りたたみ可のマットレスを求める人

↑各タイプ一覧に戻る

敷布団1「マニフトンカモ」:厚みと通気性がアップ

マニ・フトン カモ
価格 シングル:25,562円(税抜)
セミダブル:33,105円(税抜)
ダブル:40,648円(税抜)
硬さ やや硬め(170N)
厚み 8.5cm
耐久性 高い(密度:31D)
素材 上面:エリオファイバー+エリオセル、下面:エリオファイバーなど
保証 3年

編集部から一言

マニ・フトン カモ」は、腰痛対策にも効く高反発の敷布団です。
同じく敷布団タイプの「イタリアンフトンⅡ」には無い、メッシュ素材を取り入れたことでより通気性が増しました。
そのため、暑い夏でも蒸れることなく一年を通じて利用できます。
また厚みを8.5cmに増やし、従来よりも寝心地の良さがアップしています。

マニ・フトン カモが向いてる人

マットレスを直置きしたい人

一枚敷きの敷布団を探している人

通気性の良さを求める人

腰痛に効くやや硬めを求める人

↑各タイプ一覧に戻る

ベッドマット1「モデル246」:硬めで腰痛改善に◎

モデル246
価格 セミシングル:30,250円(税抜)
シングル:36,300円(税抜)
セミダブル:48,400円(税抜)
ダブル:60,500円(税抜)
クイーン:72,600円(税抜)
硬さ 硬め(170N)
厚み 16cm
耐久性 高い(密度:31D)
素材 エリオセル
保証 12年

編集部から一言

ベッドマットレスの中でも人気のある「モデル246」。
高反発素材であるエリオセルを100%使用しているため、反発力が高く硬めの寝心地になります。
また、体が沈みにくいので寝返りがしやすく、腰痛改善にも最適です。
腰痛で悩んでいる人・体重が重たい人におすすめ。

モデル246が向いてる人

硬めのベッドマットを探している人

腰痛に悩んでいる人

体重の重たい人

寝返りができなく悩んでいる人

↑各タイプ一覧に戻る

ベッドマット2「オクラホマ」:厚み23cmで寝心地抜群

オクラホマ
価格 シングル:58,000円(税抜)
セミダブル:69,600円(税抜)
ダブル:81,000円(税抜)
クイーン:92,800円(税抜)
硬さ 表面柔らかめ(表面:70N、その他170Nの二層構造)
厚み 23cm
耐久性 高い(密度→表面:75D、その他:31D)
素材 エリオセル、エリオセルMF、エリオファイバー
保証 12年

編集部から一言

厚み23cmのボリュームで硬すぎない寝心地の「オクラホマ」ベッドマットレス。
芯材は170Nの高反発ですが、表面をあえて柔らかめにしたことで寝心地も抜群です。
また反発力もしっかりあり体が沈むことがありません。
体に負担をかけず寝心地も追求するなら「オクラホマ」が最適。

オクラホマが向いてる人

寝心地の良いベッドマットを求める人

厚み20cm以上が良い人

通気性の良さも求める人

両面使って寝心地を楽しみたい人

↑各タイプ一覧に戻る

ベッドマット3「モデルローマ」:柔らかめの高級マット

モデルローマ
価格 シングル:143,000円(税抜)
セミダブル:170,500円(税抜)
ダブル:198,000円(税抜)
クイーン:225,500円(税抜)
硬さ 柔らかめ(表面:75N、その他170Nの二層構造)
厚み 16cm
耐久性 高い(密度→表面:75D、その他:31D)
素材 エリオセル、エリオセルMF
保証 12年

編集部から一言

モデルローマ」はマニフレックス独自のエリオセル素材と、エリオセルMFを組み合わせた2層構造のマットレスです。
寝心地は柔らかく快適で、かつ体が沈みすぎないので腰の負担がありません。また、感触はしっとりとソフトで高級感があります。
ただし値段が高めなので値段を気にしない方には非常におすすめです。

モデルローマが向いてる人

とにかく寝心地を重視したい人

柔らかめのベッドマットを探している人

値段がやや高めでも構わない人

高級ベットマットを探している人

↑各タイプ一覧に戻る

ベッドマット4「フラッグFX」:万人受けしやすい

フラッグFX
価格 シングル:88,000円(税抜)
セミダブル:104,762円(税抜)
ダブル:130,952円(税抜)
クイーン:151,905円(税抜)
硬さ 表面柔らかめ(表面:70N、その他170Nの二層構造)
厚み 22cm
耐久性 高い(密度→表面:75D、その他:31D)
素材 エリオセル、エリオセルMF
保証 12年

編集部から一言

マニフレックスを代表する「フラッグFX」は、2019年に『ベストバイ・オブ・ザ・イヤー(晋遊社)』を受賞した実績があります。
厚み22cmとボリュームがあり、また柔らかい感触のエリオセルMF素材を使うことで、寝心地も良いです。
さらに側面には木製ファイバー素材を使い、蒸れにくく消臭効果も◎。
見た目もシンプルで万人受けするベッドマットレスと言えるでしょう。

フラッグFXが向いてる人

柔らかいベッドマットを探している人

厚み20cm以上を求める人

ベッドマット選びに失敗したくない人

通気性の良さも求める人

硬すぎるのは避けたい人

↑各タイプ一覧に戻る

トッパー1「スーパーレイEX」:通気性抜群

スーパーレイEX
価格 シングル:41,800円(税抜)
セミダブル:51,700円(税抜)
ダブル:61,600円(税抜)
クイーン:75,900円(税抜)
硬さ 柔らかめ(70N)
厚み 6cm
耐久性 高い(75D)
素材 エリオセルMF、エリオファイバー
保証 3年

編集部から一言

スーパーレイEX」はマットレスや敷布団の上に敷くマットレストッパーです。
今の睡眠環境をより快適にしたい、体が沈みやすいのを改善したいという人におすすめ。
また、スポーツウェアなどで利用されているクールマックス素材を使うことで、吸水速乾性に優れ、暑い夏もベタつくことなく眠れます。

スーパーレイEXが向いてる人

マットレストッパーを探している人

より快適な睡眠環境を求める人

反発力のあるトッパーを求める人

蒸れにくいトッパーを求める人

↑各タイプ一覧に戻る

トッパー2「スーパーレイロイヤル」:気温に影響されにくい素材

スーパーレイロイヤル
価格 シングル:41,800円(税抜)
セミダブル:51,700円(税抜)
ダブル:61,600円(税抜)
クイーン:75,900円(税抜)
硬さ 柔らかめ(70N)
厚み 6cm
耐久性 高い(75D)
素材 エリオセルMF、エリオファイバー
保証 3年

編集部から一言

スーパーレイロイヤル」はスーパーレイEXよりさらにグレードアップした、トッパータイプのマットレスです。
今使っているマットレスや敷布団の上に敷くことで、より睡眠環境が充実します。
また、従来と硬さや厚みは変わりませんが、生地にNASAで開発されたアウトラストを使った最新モデルです。
そのため一年を通じて体感温度を一定に保つ効果があります。

スーパーレイロイヤルが向いてる人

マットレストッパーを探している人

季節に関係なく体温を保ちたい人

お手入れ・収納のしやすさを求める人

より快適な睡眠環境を求める人

↑各タイプ一覧に戻る

マニフレックスを他メーカーと徹底比較|料金・硬さ・厚みなど

他のメーカーと比較することでよりマニフレックスの特徴が分かります。

以下で知名度のある有名メーカーで比較してみました。

特に大事な、

    コスパ:料金が安いか
    硬さ:硬さ(反発力)があったほうが寝返りしやすい&腰に負担少なく腰痛改善になる
    厚み(高さ):8cm以上あるのが理想
    耐久年数:どのくらい長持ちするか
を重視して比較します。
参考記事:【超厳選!】おすすめ腰痛マットレス人気ランキング比較|2020年最新版

ブランド名 コスパ 硬さ 厚み(高さ) 耐久年数
マニフレックス メッシュウィング セミシングル
:28,600円
シングル
:31,350円
シングルロング
:40,040円
セミダブル
:42,900円
ダブル
:54,450円
クイーン
:66,000円
170N
硬め
11cm およそ10年
ドクタータフィ シングル:39,800円
セミダブル:48,800円
ダブル:57,800円
70N
薄く底つき感がある
6cm 不明
(密度,復元率記載なし)
モットンマットレス シングル:39,800円
セミダブル:49,800円
ダブル:59,800円
140N/170N/240N 10cm およそ5年~8年
テンピュール マットレス シングル:209,000円
セミダブル:231,500円
ダブル:264,000円
柔らかめ(低反発) 21~30cm およそ10年
雲のやすらぎプレミアム シングル:39,800円
セミダブル:49,800円
ダブル:59,800円
150N
やや硬め
17cm およそ10年
エアウィーヴ シングル:132,000円
セミダブル:148,500円
ダブル:165,000円
柔らかめ 6cm ヘタりやすい
※マニフレックは一番人気のメッシュウィングで比較しています

料金が安くても厚みがなく底つき感を感じてしまったり、反対に厚みがあっても料金が高すぎる場合があります。

そのため硬めの高反発で、かつ適度にバランスのとれたマットレスを選ぶのが最適でしょう。


\ 腰痛改善に最適 /

マニフレックスマットレスでよくある質問FAQ

最後にマニフレックスの質問・疑問について解説します。

Q1.マニフレックスを購入する方法は?最安値は?

マニフレックスは有名ブランドなので、全国の店舗で販売されています。
(実際に寝心地を試せるショールームは東京の表参道と大阪)

しかしそもそもの種類が多いため、常に店舗に揃っているわけでなく、直接お試しに行ってもない場合があるので注意して下さい。

また、Webサイトの通販は公式サイト、Amazon、楽天がありますが、特にAmazonや楽天は正規店でなく、偽物商品や類似品も含まれていること多いので注意してください。

したがって以下の「認定ショップマーク」があるかを確認しましょう。

このマークがあれば本物のマニフレックスが購入できます。

また、コストを抑えて購入するなら公式通販店舗で購入するのが最安値です。

Q2.カバーやシーツは買う必要ある?

すでにカバーが付いているマットレスが多いため、基本的にカバーやシーツを買わなくても大丈夫です。

ただし、湿気対策や洗濯の予備用として持っておくと安心でしょう。

Q3.マットレスの洗濯・お手入れ方法は?カビは大丈夫?

マニフレックスが使うエリオセル素材は通気性に優れているため、水分や空気を通しやすく、お手入れを怠るとカビが生えることがあります。
そのため、定期的なお手入れはしておきましょう。

基本的にはマットレスを壁に立てかけて日陰干しするだけで大丈夫です。

▼マットレスのお手入れ方法についてはコチラ

Q4.購入後返品はできる?

法律上、購入から7日以内であれば返却できます。

ただし、お試し利用をサービスとして行なっているわけではないので注意してください。

その代わりマニフレックスでは長期の品質保証(3年~15年まで)があり、マットレスがヘタれたり、使えなくなった場合に無料で交換することが可能です。

まとめ

いかがでしたか?
当記事ではマニフレックスの「口コミ・評判」「メリット・デメリット」などについて解説していきました。

特徴をまとめると以下の通りです。

  • 世界99カ国で使われるイタリアの有名ブランド
  • エリオセル素材を使った高反発マットレス
  • 腰痛や肩こりの改善に効果的
  • 高反発で体に負担がかかりにくい
  • 耐久性が高く10年以上使ってもヘタらない
  • 適度な硬さ&厚みで寝心地が良い
  • 通気性が良く通年使える
  • 長期保証(最長15年)があるので安心

以上の内容から、「腰痛や肩こりに悩んでいる」「なかなか夜眠れない」「朝起きると体が痛い・だるさが伴う」といった方は、高反発のマニフレックスが最適でしょう。

まずは公式通販サイトでチェックしてみてください!


\ 腰痛改善に最適 /