マニフレックスの硬さをN(ニュートン)別に比較!硬すぎるって本当?

高反発マットレスとして知られるマニフレックスですが、具体的に硬さがどのくらいか気になっていませんか。

そこで当記事では、マニフレックスの硬さについて解説し、さらにはモデル別に反発力(ニュートンN)を分けて硬さを比較していきます。

購入後に返品はできないので、購入前に硬さを確認した上で判断すると良いでしょう。

マニフレックス メッシュウィングの特徴

スポーツ選手愛用のイタリアメーカー
腰痛・肩こり改善に効果的
高品質な素材と高い耐久性

評価
S評価 (4.5 / 5)
種類
高反発ウレタンマットレス
価格
セミシングル:31,460円
シングル:34,485円
シングルロング:44,044円
セミダブル:47,190円
ダブル:59,895円
クイーン:72,600円
硬さ
硬め(反発力:170N)
厚さ
11cm
寿命
約8~10年(密度:31D、復元率:97%)
素材
エリオセル
生産国
イタリア製

※価格は全て税込み

\ 腰痛改善に効果的 /

※上記サイトにて10年品質保証

マニフレックスの硬さはどのくらい?

はじめにマニフレックスの硬さはどのくらいか見ていきます。

マニフレックスは基本的に硬め

結論から言うと、マニフレックスの硬さは「硬め」です。

“エリオセル”と呼ばれる高反発ウレタンに近い素材を使っています。

そのため反発力に優れており、体が沈み込まず理想のS字型の睡眠姿勢が保ちやすくなっています。

特に肩こりや腰痛で悩んでいる方や、今の寝具で寝心地に違和感がある方は、寝心地改善として最適でしょう。

マニフレックスは硬さが選べる(硬すぎる~柔らかすぎるものまで)

基本的に硬めのマニフレックスですが、実は現在30種類以上のモデルがあり、非常に硬いものから柔らかいものまで揃っています。

いずれのモデルも反発力はありつつも寝心地がかなり違うので、好みの硬さが見つけやすいのがメリットです。

\ 世界的に人気なイタリアメーカー /

※保証は上記サイト限定

マニフレックスの硬さの選び方|ニュートン(N)別に比較

当サイトではマニフレックスで販売されている各モデルの硬さについて、「適度な硬め」「柔らかめ」「非常に硬め」で分け、それぞれの特徴をまとめました。

表を参考にしてぜひ自分に合ったマットレスを見つけてみてください。

  • 硬さが適度な硬めのマニフレックス【170N】
  • 硬さが柔らかいのマニフレックス【70N~】
  • 硬さが非常に硬いのマニフレックス【~200N】

硬さが適度な硬めのマニフレックス【170N】

「適度な硬め」のマニフレックスは反発力が170N(ニュートン)前後で、マニフレックスシリーズの中でも人気モデルが多いです。

そのため特にこだわりがなければ以下の表から選んでおけば間違いないでしょう。

体重およそ50~80kg向けとなります。

各マニフレックス 特徴
三つ折りタイプメッシュ・ウィング 腰痛改善に効果的&定番人気モデル
・反発力:170N
・値段34,485円
販売サイト口コミ記事
三つ折りタイプカモ・ウィング メッシュウィングのカバーを新デザインに
・反発力:170N
・値段34,485円
販売サイト
三つ折りタイプヴィロブロック メッシュウィングに抗菌作用をプラス
・反発力:170N
・値段45,100円
販売サイト口コミ記事
ベッドタイプオクラホマ 腰痛改善に効果的、両面で異なる硬さ
・反発力:70N+170N
・値段63,800円
販売サイト口コミ記事
ベッドタイプフラッグ・FX マニフレックスの定番&人気モデル
・反発力:70N+170N
・値段96,800円
販売サイト口コミ記事
ベッドタイプヴィロブロック・マットレス 抗菌作用、凸凹加工で体圧分散◎
・反発力:170N
・値段165,000円
販売サイト口コミ記事
敷布団タイプイタリアンふとん2 一枚のみでも使える敷布団
・反発力:170N
・値段28,118円
販売サイト口コミ記事
敷布団タイプマニフトンカモ 一枚のみで使える、新デザイン
・反発力:170N
・値段28,118円
販売サイト

※価格は全て税込み(シングルサイズ)

三つ折りタイプであればメッシュウィング、ベッドタイプであればオクラホマフラッグFX、敷布団タイプであればイタリアン布団2が特に人気でおすすめです。

硬さが柔らかいのマニフレックス【70N~】

反発力70N~のマニフレックスは柔らかい寝心地です。

体重およそ45~60kg向けで、女性や筋力の少ない方に人気のシリーズです。

各マニフレックス 特徴
三つ折りタイプDDウィング 体重軽い人向け、両面で異なる硬さ
・反発力:70N+170N
・値段60,500円
販売サイト口コミ記事
三つ折りタイプレオナルド 体重軽い人向け、両面で異なる硬さ
・反発力:115N+170N
・値段60,500円
販売サイト口コミ記事
ベッドタイプT-75 体重軽い人向け
・反発力:70N+115NN
・値段157,300円
販売サイト口コミ記事
トッパータイプスーパーレイロイヤル トッパータイプの最高峰モデル
・反発力:70N
・値段45,980円
販売サイト口コミ記事

※価格は全て税込み(シングルサイズ)

硬さが非常に硬いのマニフレックス【~200N】

体重80kg以上であれば以下のいずれかを選ぶと良いでしょう。

反発力170~200N(ニュートン)で、硬さは非常に硬めです。

各マニフレックス 特徴
ベッドタイプの硬めモデル246 低価格帯&体重が重い人向け
・反発力:170N
・値段39,930円
販売サイト口コミ記事
ベッドタイプの最も硬めマニ・スポーツ マニフレックスで最も硬いモデル
・反発力:200N
・値段48,400円
販売サイト口コミ記事

※価格は全て税込み(シングルサイズ)

硬いからといって寝心地が悪いわけではなく、体重が重い方でも沈み込みを抑えつつ寝心地も考慮されたマットレスになっています。

裏表で二種類の硬さが使えるマニフレックスもおすすめ

マニフレックスには多層構造で裏表リバーシブル仕様になっているモデルもあります。

以下は表面が柔らかめ・裏面が硬めになっているマットレスです。

各マニフレックス 特徴
三つ折りタイプの柔らかめDDウィング 体重軽い人向け
・反発力:70N+170N
・値段60,500円
販売サイト口コミ記事
ベッドタイプの硬めオクラホマ 腰痛改善に効果的、贅沢な多層構造
・反発力:70N+170N
・値段63,800円
販売サイト口コミ記事
ベッドタイプのやや硬めフラッグ・FX マニフレックスの定番&人気モデル
・反発力:70N+170N
・値段96,800円
販売サイト口コミ記事

※価格は全て税込み(シングルサイズ)

気分に合わせて寝心地を変えたい方や、硬さに不安がある方はこのようなリバーシブル仕様が向いているでしょう。

\ 世界的に人気なイタリアメーカー /

※保証は上記サイト限定

マニフレックスが硬すぎる・柔らかすぎる場合の対策方法

もし購入後「硬すぎる」「柔らかすぎる」と硬さが合わない場合は、トッパーがおすすめです。

トッパーは、マットレスの上に重ねて寝心地改善させるもので、マニフレックスにもいくつか販売されています。

詳しくは下記記事を参考にしてください。

違いは?マニフレックス エルゴトッパーの口コミ&評判【最安値情報】
マニフレックス メッシュウィングの特徴

スポーツ選手愛用のイタリアメーカー
腰痛・肩こり改善に効果的
高品質な素材と高い耐久性

評価
S評価 (4.5 / 5)
種類
高反発ウレタンマットレス
価格
セミシングル:31,460円
シングル:34,485円
シングルロング:44,044円
セミダブル:47,190円
ダブル:59,895円
クイーン:72,600円
硬さ
硬め(反発力:170N)
厚さ
11cm
寿命
約8~10年(密度:31D、復元率:97%)
素材
エリオセル
生産国
イタリア製

※価格は全て税込み

\ 腰痛改善に効果的 /

※上記サイトにて10年品質保証