【緊急】マットレスに嘔吐(ゲロ・下痢)した時の応急処置&除菌法

「マットレスに嘔吐(ゲロ・下痢)してしまった…」と悩んでいませんか?

特にウレタンマットレスやベッドマットレスは洗えないので、落とすのが困難です。

そこで当記事では、

    マットレスに吐いた時の落とし方
    対処後も嘔吐が落ちない場合の最終手段
    事前の嘔吐対策

について主に解説していきます。

諦める前にまずは一度試してみると良いでしょう。

マットレスに嘔吐してしまった時の落とし方

マットレスに嘔吐してしまった場合は以下の5つの手順で処理します。

一つ一つ見ていきましょう。

  • ゴム手袋でゲロを取り除く
  • マットレスシーツを洗濯する
  • マットレスに重曹を使う
  • 漂白剤で除菌する
  • マットレスを乾燥させる
  • 嘔吐処理の手順①ゴム手袋でゲロを取り除く

    はじめに吐いた嘔吐物をマットレスから取り除きます。

    その際に嘔吐物の細菌を触らないように、ゴム手袋をしましょう。

    嘔吐物はビニール袋に入れてしっかり閉じた上でゴミに捨てます。

    嘔吐処理の手順②マットレスシーツを洗濯する

    嘔吐物を取り除いたら、マットレスシーツを外して洗濯してください。

    洗濯機は高温設定にして使うと細菌が死滅しやすくなります。

    嘔吐処理の手順③マットレスに重曹を使う

    マットレス本体は洗えないので、マットレスに染み付いた汚れには重曹がおすすめです。

    はじめにスプレーボトルに重曹(大さじ1)と水(200ml)を入れて重曹水を作ります。

    嘔吐して汚れている部分全体にスプレーを振りかけ、1~2時間放置させましょう。

    放置が終わったらタオルで拭き取ります。

    この流れを汚れが薄くなるまで2~3回繰り返してください。

    なお、重曹水の代用として弱アルカリ性洗剤(中性洗剤)を使うことも可能です。


    嘔吐処理の手順④漂白剤で除菌する

    マットレスの汚れがある程度薄くなったら、最後に漂白剤を使いましょう。

    漂白剤を使うことで嘔吐物の除菌がされ、また残った汚れの色がほぼ消えていきます。

    方法は簡単で、ぬるま湯で湿ったタオルに漂白剤をつけて、汚れ部分に叩きながら染み込ませます。

    ある程度染み込んだら別のタオルで乾拭きして完了です。

    なお、漂白剤は付けすぎるとマットレス本来の色も落ちてしまうことがあるので注意してください。


    嘔吐処理の手順⑤マットレスを乾燥させる

    これまでの①~④の流れが終わったら、最後にマットレスを乾燥させましょう。

    壁に立てかけて1~2時間ほど放置すれば乾いていきます。

    対処後もマットレスの嘔吐(ゲロや下痢)が落ちない場合は?

    もし吐いた嘔吐物を処理しても汚れが落ちない場合は、以下のいずれかを検討しましょう。

    • マットレスをプロの業者に依頼する
    • マットレストッパーを検討する
    • 睡眠に影響がある場合は買い替える

    マットレスをプロの業者に依頼する

    嘔吐物が完全に綺麗にならない際に、プロの業者にクリーニングを依頼することで解決する場合があります。

    クリーニングであれば、マットレスのスチーム洗浄・バキューム洗浄を機械を使って徹底的に行います。

    マットレスを長期的に使う予定のある方は検討してみると良いでしょう。

    簡単!マットレスのクリーニング方法|自分でするのと業者との違い

    マットレストッパーを検討する

    「嘔吐物のニオイが臭い」「汚れ部分に直接触れたくない」という場合は、マットレストッパーを使うのも手です。

    マットレストッパーは既存の寝具に重ねて寝心地改善させるものですが、このように使うことで汚れ部分をカバーすることもできます。

    マットレスを全て買い替えるよりもコスパが良いので、予算を抑えたい方向けとなります。

    非公開: すぐ寝心地改善!マットレストッパーおすすめ人気ランキング

    睡眠に影響がある場合は買い替える

    ゲロや下痢など吐いた部分が広範囲であったり、汚れがどうしても取れない場合は新しいマットレスに買い替えましょう。

    特に睡眠に影響が出る場合は、買い替えて新たなマットレスで長く使った方が結果的にコスパが良かったりします。

    【快眠マットレスおすすめ2022】人気55メーカー総合ランキング

    マットレスの事前の嘔吐対策

    マットレスに嘔吐しても処理をなるべく簡単に済ませるために、事前の嘔吐対策は大事です。

    ここからは事前にできる嘔吐対策をいくつかご紹介します。

  • マットレスに防水カバーを使う
  • 敷きパッドを使う
  • 洗えるマットレスを検討する
  • 嘔吐対策①マットレスに防水カバーを使う

    出典:Amazon

    マットレスの嘔吐で最も困るが、マットレス本体に嘔吐の液体が染み付くことです。

    その際にマットレスカバーが防水のカバーであれば、嘔吐しても染み込むのが防ぎやすくなります。

    通販サイトで2~3,000円程度で販売されており、安く対策できるのでおすすめです。


    嘔吐対策②敷きパッド(ベッドパッド)を使う

    出典:Amazon

    敷きパッド(ベッドパッド)を使うことで嘔吐対策することもできます。

    基本的に敷きパッドは寝汗吸収として使われますが、吸収力があるので嘔吐物であっても心配ありません。

    防水シートと併用すればさらに万全な対策になるでしょう。


    嘔吐対策③洗えるマットレスを検討する

    マットレス本体を洗うならファイバーマットレスがおすすめです。

    ファイバーマットレスはポリエチレンでできているので水に強く、シャワーで丸洗いができます。

    詳しくは下記記事を参考にしてください。

    非公開: 本気で選んだ洗えるマットレス8選|ファイバーおすすめランキング
    マットレス選びに悩んでいませんか?

    当サイトでは、人気の寝具メーカーを徹底的に調査し、本当におすすめできるマットレスを厳選しました。
    以下のページでは、寝心地の良さ・体への負担の少なさ・コスパの良さ・耐久性の高さなど、バランスの取れたマットレスをご紹介しています。

    マットレス人気ランキングはこちら