▶︎ 今月のマットレス人気ランキングはこちら

エムリリーとエアウィーヴを比較した結果|5つの違いをプロが解説!

エムリリー」と「エアウィーヴ」のマットレスの違いが何かご存知ですか。

いずれも口コミの高いマットレスとして評判ですが、実は寝心地や機能性がまったく別物です。

そこで当記事では、エムリリーとエアウィーヴについて、違いを徹底比較し検証していきます。

ヒツジくん

何を重視したいかで選ぶマットレスも変わってくるよ!

購入を悩んでいる方は当記事を一読後、自分に合ったマットレスが見つかることでしょう。

※なお、現在エアウィーヴには数種類のマットレスがありますが、当サイトではモットンと同様に一枚敷きで使えるスタンダードタイプ「エアウィーヴS02」と比較していきます。

一目で分かる、エムリリーとエアウィーヴの比較一覧

まずはじめに、「エムリリー」と「エアウィーヴ」の全体のスペックを比較して見ましょう。

エムリリー エアウィーヴ
エムリリー エアウィーヴS02
種類 優反発
(高反発+低反発)
ファイバー
料金 シングル:29,980円
セミダブル:36,980円
ダブル:43,980円
シングル:132,000円
セミダブル:148,500円
ダブル:165,000円
(※クイーンサイズも有り)
反発力 上70N・下140N 推定170~200N
寝心地(硬さ) やや柔らかめ 硬め
厚み(高さ) 5cm/8cm/11cm 21cm
折りたたみ 不可
密度 50D 不明
耐久年数 10年以上 6~8年
素材 優反発・高反発ウレタン パッド:ポリエステル100%
中材:ポリエチレン100%
サイズ セミシングル,シングル,セミダブル,ダブル シングル,セミダブル,ダブル,クイーン
サービス 3年品質保証 30日間返金保証
強み 腰痛にも効く
・三つ折りタイプ有り
・硬すぎない
丸洗い可能
・硬めの寝心地
・高級マットレス
お申し込み 公式サイト 公式サイト

エムリリーは優反発マットレス(高反発+低反発)、エアウィーヴはファイバーマットレスであることが分かります。

ではこの素材の違いで、具体的にどのように変わってくるのでしょうか。

決定的に違う!違いは「寝心地」と「コスパ」

エムリリーとエアウィーヴには「寝心地」と「コスパ」に大きな違いがあります。

結論から言うと、安く買いたい・柔らかい寝心地が好みなら「エムリリー」、値段は気にしない・硬い寝心地が好みなら「エアウィーヴ」がおすすめです(詳しくは後述)。

  • コスパ重視&柔らかい寝心地が好みなら「エムリリー」
    →下層部の高反発素材と表面の低反発素材で、腰痛改善だけでなく寝心地も◎
  • 硬い寝心地が好みなら「エアウィーヴ」
    →エアファイバー素材で強い反発力

とはいえ、特にこだわりがなければ基本的にはエムリリーがおすすめです。

エムリリーの方が値段が圧倒的に安く(シングルサイズで、エムリリー約3万円・エアウィーヴ約13万円)、また寝心地も柔らかめで万人受けしやすい寝心地であるためです。

詳しくは各公式サイトでチェックしてみてください!


選ぶならどっち?エムリリーとエアウィーヴを5つで比較

さて、ここからは「エムリリー」と「エアウィーヴ」の違いをより細かく見ていきます。

当記事では、以下の5点(寝心地・価格・腰痛改善・寿命・使いやすさ)についてそれぞれ比較してみました。

寝心地:エムリリーは柔らかめ、エアウィーヴは硬め

はじめに寝心地で比較すると、「エムリリー」は柔らかめ、「エアウィーヴ」は硬めとなっています。

寝心地は人によって好みが分かれるため一概に評価できませんが、とはいえ万人受けしやすいのは「エムリリー」といえるでしょう。

冒頭でもお話したように、エムリリーは高反発素材と低反発素材を融合した“優反発マットレス”です。

下部分を高反発素材で体をしっかり支え、上部分(表面)を低反発素材にすることで柔らかい寝心地にしているわけですね。

ヒツジくん

表面が柔らかいからうつ伏せ寝も問題なくできそうだね…!

そのため、高反発マットレスが苦手という方や、体重の軽い方、筋力の弱い女性や高齢者でも使えるマットレスといえます。

価格:エムリリーの方が安い

次にコスパで比較すると、エムリリーの方が圧倒的に安いです。

エムリリー エアウィーヴ
シングル 29,980円 132,000円
セミダブル 36,980円 148,500円
ダブル 43,980円 165,000円

エムリリーはエアウィーヴの1/4~1/6程度の安さであることが分かりますね。

そもそもエアウィーヴは高級ベッドマットレスの一つで、値段が割高になっています。

また、必ずしも値段が高いほど品質が良いとは限らず、エムリリーといった格安のマットレスでも品質の良さは保証されています。

したがって、コスパ良くマットレスを使うなら、「エムリリー」の方がおすすめです。

腰痛改善:いずれも効果的

3つ目に腰痛改善で比較すると、”いずれも効果的”というのが結論になります。

上の画像を見てお分かりいただけるかと思いますが、いずれも反発力があり体全身をしっかり支えます。

腰痛改善に大切な体圧分散性に優れているため、腰に負担がかかりやすいといった心配がありません。

したがって「エムリリー」「エアウィーヴ」を比較する際は”腰痛改善”以外で比較すると良いでしょう。

寿命:エムリリーの方が耐久性高い

次に寿命で比較すると「エムリリー」の方が耐久性が高くなります。

エムリリーの耐久年数は10年以上であるのに対し、エアウィーヴは6~8年です。

マットレスの耐久年数は、”密度”というものが大きく影響するのですが、エムリリーは50D(30D以上あれば密度が高い)もあるため、非常に長持ちしやすいマットレスといえます。

使いやすさ:エムリリーは折りたたみ可、エアウィーヴは洗濯可

最後に使いやすさで比較すると、エムリリーは折りたたみ可能なマットレスで、エアウィーヴは洗濯が可能なマットレスです。

エムリリーは3種のうち8cmのマットレスが三つ折りタイプであるため、折りたたみでき収納のしやすさで軍配が上がります。

一方でエアウィーヴは、素材がエアファイバーであるため、外カバーだけでなく中の中材も丸洗いが可能です。

いずれも別の点で使いやすいマットレスと評価できるでしょう。
詳しくは下記公式サイトでそれぞれ確認してみてください。


【結論】コスパ重視&柔らかい寝心地なら「エムリリー」、硬めの寝心地なら「エアウィーヴ」

さて、エムリリーエアウィーヴを具体的に比較していきましたが、結論をまとめると以下の通りです。

エムリリー エアウィーヴ
エムリリー エアウィーヴS02
寝心地 柔らかめ 硬め
価格 非常に安い 非常に高い
腰痛改善 非常に効果的 非常に効果的
寿命 10年以上 6~8年
使いやすさ 洗濯不可
折りたたみ可能
洗濯可能
折りたたみ不可

結論を改めてまとめると、安く買いたい・柔らかい寝心地が好みなら「エムリリー」、値段は気にしない・硬い寝心地が好みなら「エアウィーヴがおすすめです。

とはいえ、基本的にはエムリリーを選ぶのが最適でしょう。

マットレス選びには、寝心地の良さ・腰痛改善・コスパの良さが非常に大事であるため、この3要素をクリアしたエムリリーの方が軍配が上がるといえます。

これらを考慮した上で、モットンが向いている人・エムリリーが向いている人をそれぞれ見ていきます。

エムリリーがおすすめな人

エムリリー」が向いている人は以下の通りです。

    低反発並みの柔らかい寝心地を求める人
    コスパの良さを重視したい人
    三つ折りタイプのマットレスが欲しい人
    筋力の弱い女性や高齢者
    トッパー(5cm)マットレスが欲しい人
    子供と一緒に寝て使いたい人
    薄型のマットレスを使いたい人

繰り返しになりますが、エムリリーは優反発マットレスであるため、高反発マットレスにも関わらず低反発並みの柔らかい寝心地になります。

加えて下層部の高反発素材でしっかり腰を支え、腰痛改善かつ寝心地の良さを求める方に向いているでしょう。

また、厚みが5cm・8cm・11cmのいずれかを選ぶことができるため、5cmの薄型であればマットレストッパーとしても使うことが可能です。

何よりもコスパの良さが非常に評価できるポイントです。

詳しくは公式サイトでチェックしてみてください!


\ 耐久性が圧倒的 /

詳細サイトへ

エアウィーヴがおすすめな人

一方で、「エアウィーヴ」が向いている人は以下の通りです。

    マットレスを洗濯したい人
    マットレスの値段を気にしない人
    厚みのある(21cm)ベッドマットが欲しい人
    収納のしやすさをあまり重視しない人
    硬めの寝心地が好みの人
    ファイバーマットレスが欲しい人
    クイーンサイズのマットレスが欲しい人
    まずはお試しで30日間利用してみたい人

エアウィーヴの最大の特徴は洗濯ができるという点。

また硬めの寝心地も特徴でしたね。
ファイバー素材でしっかり腰を支え、安定感のある寝心地になっています。

さらに、厚みが21cmもあることから、ベッドマットとして、直置きではなくベッドで使う方に向いています。

エアウィーヴには全額返金保証制度があるので、まずは30日間お試し利用したのち購入を検討するのも手です。
(※全額返金保証制度は公式サイトのみであり、他のAmazonや楽天での購入は適用されないので注意)


\ 厚さ17cmの5層構造 /


詳細サイトへ

【口コミ評判】エムリリーとエアウィーヴを使った人の声は?

さて、エムリリーエアウィーヴを比較していきましたが、実際に使い心地は良いのでしょうか。

最後に実際に使った人の口コミ・評判をまとめていきます。

なお、当サイトではより中立的な立場で見ていくために、良い口コミだけでなく悪い口コミもご紹介します。

両方の意見を聞いた上で判断すると、より失敗のしにくいマットレス選びができるでしょう。

エムリリーの良い評価&悪い評価

まずはエムリリーに関する良い評価・悪い評価を見ていきます。

  • 良い評価:寝心地が良い、へたらない、体の痛みが改善された
  • 悪い評価:柔らかすぎる、新品臭がクサイ、中国製
  • 良い評価1「寝心地が良い」


    『なんともいえない寝心地』『絶妙な寝心地』と寝心地に関する評価が多く見受けられました。

    そのため寝心地の良さにおける評価は間違いないでしょう。

    良い評価2「へたらない」


    また、『2年以上使ってますけどヘタリもない』『ヘタリにくい』と耐久性の高さに対する声も。

    一般的にマットレスの耐久性は復元率と密度で決まりますが、エムリリーの場合、復元率が97~99%,密度50Dと非常に高く(モットンの復元率は96%,密度30D)、およそ10年以上長持ちできると推測されます。

    そのため、長くマットレスを使いたい人にもおすすめできるでしょう。

    良い評価3「体の痛みが改善された」


    3つ目に『寝起きの体の痛みとか腰痛肩こりとかは大分マシになったな』という良い声が。

    優反発マットレスとはいえ、下部分に高反発素材を使うことで、体をしっかり支えます。

    寝心地と腰痛改善のどっちも追求したい人向けだね…!

    カンガルーちゃん

    悪い評価1「柔らかすぎる」


    次に悪い口コミについてです。

    寝心地が良いという声の一方で、『柔らかすぎる感じがします』『私には柔らかすぎて腰と肩がめっちゃ沈む』という辛口なコメントも。

    普段高反発マットレスを使っている方や、体重の重い方の場合、エムリリーはやや柔らかく感じてしまう可能性があります。

    現在エムリリーには5cm/8cm/11cmの3種類の厚みのマットレスがありますが、体が沈むという方は厚めの11cmを選ぶことをおすすめします。

    それでも沈む場合は、そもそもエムリリーが合っていないので、高反発のエアウィーヴが向いているでしょう。

    悪い評価2「新品臭がクサイ」

    2つ目に『新品の状態臭いきつい』という悪い口コミが。

    エムリリーに限らずウレタンを使ったマットレスは、新品のウレタン臭がする場合があります。

    その際は、風通しの良い場所に立てかけて日陰干しすればある程度消えていきます。

    悪い評価3「中国製」

    最後に『外国でつくってる』という声も。
    またTwitter以外にも、エムリリーが中国製であることを指摘している声が見受けられました。

    エムリリーは日本に会社がありますが、生産は中国でしています。

    中国とはいえ品質の高さは保証されているため、生産国についてはそこまで意識する必要はないでしょう。

    もしそれでも気になる場合は、日本製のモットンマットレスをおすすめします。
    参考:寝心地悪い?モットンの口コミ&評判の全まとめ|効果を総合評価した結果

    「エムリリー」の評価まとめ

    エムリリーの良い評価では、「寝心地が良い」「へたらない」「体の痛みが改善された」との声が上がりました。特に寝心地に関する声が多く、柔らかい寝心地を好む方に向いているといえます。

    一方で悪い評価では、「柔らかすぎる」「新品臭がクサイ」「中国製」という声が見受けられました。体重が80kg以上の方や、筋肉質の方は柔らかすぎると感じてしまう可能性があります。その際はエムリリーをトッパーとして使うといいかもしれません。その場合はエアウィーヴを検討するのも良いかもしれません。

    詳しくは以下の公式サイトでチェックしてみてください!


    \ 耐久性が圧倒的 /

    詳細サイトへ

    エアウィーヴの良い評価&悪い評価

    次に、エアウィーヴの良い評価・悪い評価を見ていきましょう。

  • 良い評価:寝心地が良い、体の負担が軽減している、洗うのが楽
  • 悪い評価:料金が高い、思ってたより硬い、ヘタってきた
  • 良い評価1「寝心地が良い」



    良い評価で多く見受けられたのが『寝心地良すぎる』『寝心地最強』と寝心地に関する声です。

    高級マットレスなだけあって寝心地の良さに対する評価は間違いなさそうですね。

    良い評価2「身体の負担が軽減している」


    2つ目に『身体の負担は確実に軽減している』『腰への負担すんごい軽減されてる』との声も。

    エアウィーヴ」は体圧分散性に優れているため、体重が集中しやすい腰部分を全身に分散させ、体の負担を減らす効果があります。

    良い評価3「洗うのが楽」


    また、エアウィーヴの特徴である『洗うのがラクチンでいい』と、洗濯可能な点を評価する声も。

    マットレスでよく使われるウレタンフォームは洗濯できないことを考慮すると、ファイバー素材であるのは強みといえますね。

    悪い評価1「料金が高い」


    一方で、悪い口コミも見受けられました。

    特に『ベッドマットレス並みの高価さ』『高い』と、料金の高さを指摘する声が。

    エアウィーヴ」は安いものでも最低6万円~であるため、エムリリーと比較しても3倍以上の値段になります。

    悪い評価2「思ってたより硬い」


    また、『多少硬い印象』『思ってたより硬いな』と硬さに関する声もありました。

    エアウィーヴが採用しているファイバー素材は硬めの寝心地になるため、人によっては硬いと感じる場合があります。

    もし不安である場合は、エアウィーヴの30日間お試し利用をすると良いでしょう。

    悪い評価3「ヘタってきた」


    最後に『ヘタってる気がする』『真ん中に凹みが出来てる』との声も。

    これに関してはエアウィーヴの使っている種類にもよりますが、エアウィーヴのマットレスパッドであれば寿命が約3年、ベッドマットレスであれば約6~8年ほどになります。

    市販の安価なマットレスより耐久性は高いですが、モットンほどではないため、定期的なお手入れ(湿気を飛ばすなど)が重要になってくるでしょう。

    「エアウィーヴ」の評価まとめ

    エアウィーヴの良い口コミでは、「寝心地が良い」「体の負担が軽減している」「洗うのが楽」との声が上がりました。特に寝心地に関する声が多く、ホテルで全国的に導入されているマットレスなだけあって、特に寝心地やお手入れのしやすさには高評価といえます。

    一方で悪い口コミでは、「料金が高い」「思ってたより硬い」「ヘタってきた」という声が見受けられました。歩ァイバーマットレス特有の硬さによって、硬すぎると感じた方もいるようです。ファイバー素材ならではのメリット・デメリットを考慮した上で購入の判断をすると良いでしょう。

    現在エアウィーヴでは30日間全額返金保証制度を実施しているので、まずは実際に一度お試し利用することをおすすめします。
    (※全額返金保証制度は公式サイトのみであり、他のAmazonや楽天での購入は適用されないので注意)


    \ 厚さ21cmの高級ベッドマット /


    詳細サイトへ

    高反発と低反発を融合させた、柔らかい寝心地「エムリリーマットレス」
    優反発マットレス コスパ最強 折りたたみタイプ有り

    腰痛改善だけでなく寝心地も重視された新タイプマットレス!


    ▶︎ 詳細ページ

    浅田真央も愛用!洗濯可能な高級マットレス「エアウィーヴ
    丸洗い可能 エアファイバー素材 硬めの寝心地

    お試し利用で30日間無料!トッパーからベッドマットまで種類豊富なブランド!


    ▶︎ 詳細ページ