▶︎ 今月のマットレス人気ランキングはこちら

寝心地悪い?モットンの口コミ&評判の全まとめ|効果を総合評価した結果

腰痛改善に特化して開発された高反発マットレスモットン

モットンはマットレス業界の中でも知名度が高く、元プロ野球選手の山本昌さんが愛用しているのでも有名です。

ヒツジくん

日本で唯一3種類の硬さが選べるマットレスだよ!

とはいえ、メリットだけでなく実はデメリットといえる面もあります。

そこで当記事では、モットンのメリット・デメリットを解説し、その上で実際に使った人の口コミ&評判についても見ていきましょう。

購入を決める前に、まずは一読してから判断することをオススメします。

目次

モットンマットレスの基本情報(料金・硬さ・厚み・素材など)

モットンマットレス
購入価格 シングル:39,800円(税込み)
セミダブル:49,800円(税込み)
ダブル:59,800円(税込み)
硬さ 140N(45kg以下)/170N(46~80kg)/280N(81kg以上)
3種類の硬さから選ぶことが可能
厚み 10cm
耐久性 高い(密度30D、復元率96.0%)
サイズ シングル(約7.5kg)
セミダブル(約9.0kg)
ダブル(約10.7kg)
素材 ウレタンフォーム
配送手数料(運送費込) 全国無料
返品保証 90日間返品保証
(硬さ&サイズ交換も対応)
製造国 日本製
企業 モットンジャパン

はじめにモットンの基本情報を確認します。

モットンは高反発マットレスで、腰や背中の負担を和らげる設計がされています。

柔らかいマットレス(低反発)の方が一見寝心地が良さそうに見えますが、低反発マットレスは吸収性に優れているため、体が深く沈んで腰に負担がかかってしまいます。

そのため、高反発マットレスの方が実は睡眠中の体に良く、寝返りもしやすいので腰痛解消には最適です。

特に、高反発マットレスの中でモットンは非常に高品質で、かつコスパがいいのが特徴です。
これまで累計10万本以上の売れている実績からも人気の高さが伺えるでしょう。

詳しい概要は以下の公式サイトで確認してみてください。


\ 当サイトおすすめNO.1 /

モットンに悪い口コミ&評判はある?悪い口コミ3つ

さっそくモットンの口コミ&評判を見ていきましょう。
まずは悪い口コミから見ていきます。

悪い口コミ1「思ったより沈む」

『モットンがうちに来た。なんか思ったより沈むな…。』との口コミ。

体が沈むのは低反発マットレスの特徴ですが、この方は高反発のモットンを使った上での感想です。

そのため、体重とマットレスの硬さが合っていない可能性が高いでしょう。

実はモットンには、体重別に硬さを3種類(140N,170N,280N)から選べ、全メーカーで唯一のサービスです。(詳しくはこちら)

したがって、この方のように体が沈むという場合は、280Nのもっとも硬いモットンマットレスに交換手続きするのが最適です。(到着後、無料で硬さの変更可能)

悪い口コミ2「ベッドマットの上で横にズレてくる」

モットンが『すぐに横にズレてくる』との声も。

モットンはウレタン生地でできているため通気性が良い一方で、軽いのが特徴です。
そのため、環境によっては横にズレてしまうこともゼロではないでしょう。

またモットンの付属カバーは、滑らかなベロア生地でできていることも要因かもしれません。

もし横にズレる場合は、市販の滑り止めシートを下に敷くか、専用のズレ防止クリップなどを使うことをおすすめします。

▼関連記事

悪い口コミ3「1年目の途中から柔らかくなってきた」

https://twitter.com/IMAT1118/status/1164025848095096834?s=20

3つ目に『1年目の途中からちょっと柔らかくなってきて寝返りがやりにくくなった』との口コミです。

前述したように、モットン公式では体重別に3種類の硬さを選べ、

  • 45kg以下→硬さ140Nが理想
  • 46~80kg以下→硬さ170Nが理想
  • 81kg以上→硬さ280Nが理想
と理想の硬さを推薦しています。

この方の場合、体重56kgで硬さ140Nのモットンマットレスを購入したようですね。
そのため56kgであれば、硬さ170Nが理想的だったかもしれません。

長期的に使うと柔らかくなってしまうケースもあるので、ある程度硬めを選んでおくことが無難です。

もし心配であれば、90日間の返品保証(お試し)を利用してみるのも手です。

モットン良い口コミ&評価は?

一方で良い口コミはどのような評価があるのでしょうか。
色々ピックアップした上で簡潔にまとめました。

良い口コミ1「腰で入院していた母が太鼓判を押していた」

『腰をやって入院していた母がちょうど良いと太鼓判を押していた』と、モットンに対する良い口コミです。

また、『長時間寝る用に作られている病院のベッドに似ている』とも言っていますね。

冒頭でもお話したように、高反発マットレスなので腰に負担がかかりにくくなっています。
そのため、病院のベッドやホテルで使われているベッドのように、長時間でも体が痛くならないのは強みでしょう。

良い口コミ2「寝心地良すぎる」

2つ目も『寝心地良すぎる』との良い声です。

寝心地の良さは、

  • 適度な硬さのあるマットレスかどうか
  • 厚みのあるマットレスかどうか
  • 通気性の良いマットレスかどうか
の三要素で決まります。

モットンはこの三要素を満たしており、厚みも10cmあるので底つき感なく快眠できます。

良い口コミ3「腰痛が改善されてきた」

https://twitter.com/wRKggm2IwYQM61m/status/1253339418032660480?s=20

最後に、『モットン使い始めて腰の調子が良い』と腰痛改善効果の声が多数ありました。

このようにモットンの良い口コミは総じて、体の負担の少なさ、腰痛改善、寝心地の良さが評価されていました。

【口コミ&評判まとめ】モットンを5段階で総合評価

さて、悪い口コミ・良い口コミをそれぞれ見ていきましたが、内容をまとめると以下の通りです。

    体重別に3種類の硬さを選ぶのが大切
    高反発で体に負担がかかりにくい
    適度な硬さ&厚みで寝心地が良い
    寝返りがしやすい
    腰痛改善の効果がある

また、これらの口コミを併せて5段階評価すると、

総合評価 Sランク(★4.7)
※ランク別の商品比較はこちら
腰痛改善 ★★★★★
寝返りのしやすさ ★★★★★
料金の安さ ★★★★☆
耐久性&長持ち度 ★★★★☆
保証サポート ★★★★★

となります。

これは過度な高評価ではなく、実際に「マットレスの教科書」編集部スタッフも利用した上で、さらに口コミも併せての総合評価です。
実際に当サイトのおすすめ腰痛マットレス人気ランキング比較ではこのモットンが1位になっています。

以上の内容から、「腰痛で悩んでいる」「自分に合う硬さのマットレスが欲しい」「自然な寝返りができなくて悩んでいる」という方はモットンマットレスが向いているでしょう。


\ 人気NO.1 /

【モットンのメリット&デメリット】デメリット3つ

さて、口コミを見ていきましたが、そもそもモットンにはどのような特徴があるのでしょうか。

ここからはモットンの3つのデメリット・5つのメリットをご紹介します。
はじめにデメリットから見ていきましょう。

(※リンクをクリックすると各項目に飛びます)

デメリット1.収納する際は付属のゴムバンドが必要

引用:モットン公式

モットンのデメリット一つ目は、「収納する際は付属のゴムバンドが必要」という点です。

収納時は二つ折りや三つ折りにして収納できますが、そもそも三つ折りマットレスとして作られていないのでゴムバンドが必要になってきます。
毎回留める作業があるのはやや難点と言えるでしょう。

なお、ゴムバンドは購入時に付属されています。

デメリット2.定期的なお手入れが必要

また、定期的なお手入れが必要なのも確認しておきましょう。

モットンの素材はウレタンでできており、通気性が良いのが特徴です。
そのため夏場は蒸れにくいというメリットがある一方で、直置きの場合カビの原因になることも。

あらかじめ定期的にマットレスを干す・除湿シートやベッドフレームを使うなど対策しておくと良いかもしれません。

詳しくは下記記事も参考にしてください。
【モットンの夏は暑い疑惑】通気性が悪いのか検証した結果

デメリット3.うつぶせ寝がしにくい

デメリット三つ目は、うつ伏せ寝がしにくいことです。
うつ伏せで寝ることが多い方にとってはデメリットと言えるでしょう。

そもそもモットンは体圧分散性に優れており、いわゆる仰向け寝をした時に、全身の体圧が分散できるようになっています。
そのため、胸や腰にかかる負担を軽減する特徴があります。

一方でうつ伏せ寝を想定した設計では作られていないので、うつ伏せ寝には向いていません。

したがって、モットンは仰向け寝もしくは横向き寝の方専用のマットレスです。


モットンの5つのメリット

さて、デメリットをご紹介しましたが、そこまで大きな欠点はなかったかと思います。

ここからはモットンのメリットを5つ見ていきます。

(※リンクをクリックすると各項目に飛びます)

メリット1.高反発マットレスで腰痛改善に◎

引用:モットン公式

まず最大のメリットとして、腰痛改善に効く高反発マットレスであることは大きなポイントです。

冒頭でもお話した通り、腰痛改善には低反発マットレスよりも高反発の方が効果的で、なおかつ睡眠中の体に良いです。

一方低反発は寝始めは心地良く感じますが、体が深く沈み腰や背中に負担がかかってしまうため、筋肉を休ませることができません。

モットンの高反発マットレスは、柔らかすぎず硬すぎない理想的な睡眠姿勢をキープできます。

メリット2.自分が寝返りしやすい硬さを選べる

また、モットンでは3種類の硬さのマットレスがあり、好きな硬さを自由に選べるのも特徴。
これはマットレス業界で唯一のサービスです。

硬さによって寝返りのしやすさが変わってくるので硬さは非常に大事です。

例えば体重の重い人が一般的な高反発マットレスを使っても、体が沈みやすいので寝返りがしにくくなることがあります。
その点、モットンは自分の体重に合わせて硬さを選べるのはメリットでしょう。

なお、硬さはソフト(140N),レギュラー(170N),ハード(240N)があり、N(ニュートン)の数値が大きいほど硬めのマットレスになります。

モットン公式では体重別に、

  • 45kg以下→硬さ140Nが理想
  • 46~80kg以下→硬さ170Nが理想
  • 81kg以上→硬さ280Nが理想
を理想の硬さとしています。

メリット3.料金が安い

三つ目のメリットは料金が安いことです。
(シングルサイズ:39,800円、セミダブル:49,800円、ダブルサイズ:49,800円)

高級マットレス並みの品質にも関わらず、この価格で販売されているのは非常にコスパ良いと言えるでしょう。

高級マットレスであれば10万円以上スタートで、下手すれば15万20万もザラにあります。

また、次章のモットンは他と何が違う?一目で分かる他メーカー比較表でも記載されていますが、他メーカーの料金相場と比べても低価格です。

もちろんモットンよりも安いマットレスはありますが、腰痛改善や寝返りのしやすさなどを考慮すると品質では劣ってしまいます。

メリット4.耐久性が高く長持ちする

さらに「耐久性が高く長持ちする」点もモットンのメリット。

そもそもマットレスの耐久性は

  • 密度の高さ
    →数値が「25D以上」であれば耐久性が高い
  • 復元率の高さ
    →復元率「90%以上」であれば耐久性が高い
で決まるのですが、モットンはいずれも数値が高いです。

モットンの密度は30D、また復元率は96.0%です。
そのため、少なくとも5年~8年は利用できるでしょう。

▼関連記事
危険?モットンの素材(中身)のウレタンフォームって何?プロが解説

メリット5.90日間の返品保証がある

購入後もしモットンが合わなかった場合は、「90日間の返品保証がある」ので安心です。

もちろん配送料・代引き手数料いずれも無料なので、実質無料で90日間お試しで利用できることになります。

さらに硬さが合わなかった場合は、この返金保証期間内であれば、配送手数料3,960円/個のみで1回のみ交換可能です。

「モットンを使ってみたいけどまだ不安」「本当に腰痛効果あるのかお試ししたい」という方は、まずは一度購入し、利用したのち90日間返品保証を検討することをおすすめします。


\ 人気NO.1 /

モットンは他と何が違う?一目で分かる他メーカー比較表

他のメーカーと比較することでよりモットンの特徴が分かります。

以下で知名度のある有名メーカーで比較してみました。

特に大事な、

    コスパ:料金が安いか
    硬さ:硬さ(反発力)があったほうが寝返りしやすい&腰に負担少なく腰痛改善になる
    厚み(高さ):8cm以上あるのが理想
    耐久年数:どのくらい長持ちするか
を重視して比較します。
参考記事:【超厳選!】おすすめ腰痛マットレス人気ランキング比較|2020年最新版

ブランド名 コスパ 硬さ 厚み(高さ) 耐久年数
モットンマットレス シングル:39,800円
セミダブル:49,800円
ダブル:59,800円
140N/170N/240N
3種から選べる
10cm およそ5年~8年
ドクタータフィ シングル:39,800円
セミダブル:48,800円
ダブル:57,800円
70N
薄く底つき感がある
6cm 不明
(密度,復元率記載なし)
テンピュール マットレス シングル:209,000円
セミダブル:231,500円
ダブル:264,000円
柔らかめ(低反発) 21~30cm およそ10年
エアウィーヴ シングル:132,000円
セミダブル:148,500円
ダブル:165,000円
柔らかめ 6cm ヘタりやすい

料金が安くても厚みがなく底つき感を感じてしまったり、反対に厚みがあって品質が良くても料金が高すぎ場合もあります。
そのため適度にバランスのとれたマットレスを選ぶのが最適でしょう。


\ 高品質でコスパ◎ /

モットンを最安値で買う方法|Amazon・楽天市場・公式通販で比較

マットレスの入手方法は、主に公式通販・アマゾン・楽天市場・Yahooショッピングの方法があります。
通販限定なので直接実店舗で購入することはできません。

当サイトでは、モットンをどこで購入するのが最も安いのか比較してみました。

公式通販 Amazon 楽天 Yahoo!
シングル 39,800円 39,800円 39,800円 取り扱いなし
セミダブル 49,800円 49,800円 49,800円
ダブル 59,800円 59,800円 59,800円
送料 全国無料 一部無料 一部無料
返金保証 90日間返金保証 不可 不可
硬さ交換(変更) 可能 不可 不可

いずれも元はモットンジャパン(販売店)が販売しているため、料金に違いはありません。

しかし、送料や返金保証&交換サービスに違いがあり、唯一全国配送料無料で保証サービスがあるのは公式通販のみとなっています。

そのため万が一合わなかった場合のリスクも考慮するなら、公式通販で購入するのが安心でしょう。

また、Amazonや楽天では偽物商品や類似品も含まれていることがあるため、失敗せず購入するなら直接モットンジャパン公式通販で購入するのがおすすめです。


\ 当サイト人気NO.1 /

モットンのサイズの選び方(シングル・セミダブル・ダブル)

購入する際にサイズを選ぶ必要がありますが、モットンシングル・セミダブル・ダブルの3種類あります。

具体的な大きさや重量は以下の通り。

  • シングルサイズ
    幅97cm×長さ195cm
    厚さ10cm
    重量:約7.5kg
  • セミダブルサイズ
    幅120cm×長さ195cm
    厚さ10cm
    重量:約9.0kg
  • ダブルサイズ
    幅140cm×長さ195cm
    厚さ10cm
    重量:約10.7kg

シングルサイズは一般的な一人用サイズで、男女隔てなく利用できます。
一方で体格の大きな男性や、ゆったり一人で利用したい場合はセミダブルサイズがおすすめです。

また、ダブルサイズは二人用で夫婦やカップルに向いているでしょう。

詳しくは下記記事で解説しています。
モットンの厚さ(10cm)は本当に問題ないのか?厚み(薄い・厚い)を徹底解説

モットンマットレスでよくある質問FAQ5つ

最後にモットンに関する5つの質問・疑問について解説します。

Q1.モットンのカバー・シーツは買う必要ある?

モットンマットレスの購入時に、ベロア生地でできたカバーが付属で付いています。

そのため、基本的にはカバーを別途購入する必要はありません。

ただし、洗濯などお手入れの際に予備用としてもう一枚用意しておくとより安心かもしれません。

Q2.カビは生える?お手入れ方法は?

モットンのマットレスは素材がウレタンフォームであるため、通気性が良い特徴があります。

そのため、汗をかいても蒸れにくいですが、マットレスを直置きするとカビが生えてしまう可能性がゼロではありません。

したがって、定期的に直射日光をさけた陰干しをするのがカビ対策としておすすめです。

また、除湿シートや敷きパッドを下に敷いたり、すのこベッドにすることで風通しを良くする手もあります。

詳しいお手入れ方法については以下の記事で解説しています。
▼関連記事
モットンにカビが生えてしまった…知っておきたい湿気問題を解説

Q3.モットンのやらせの噂や悪評は大丈夫?

モットンはマットレスの中でも知名度が高く、おすすめしている人も多いので、「やらせなのか?」「悪評はあるのか?」といった心配をする人も少なくありません。

確かに良い評判が多すぎると逆に不安になりますよね。
また、モットンが中国製であることも一部には不安視する人もいるようです。

しかし、実際にはちゃんとした企業(モットンジャパン)が提供しており、元プロ野球選手の山本昌投手がメインキャラクターであることからもその心配はありません。

万が一合わなかった場合でも全額返金保証があるので大丈夫です。
また、以前までは中国製でしたが、現在では日本製に変更しているので生産国が気になる方でも安心です。

詳しくは下記記事を参考にしてください。
モットンの悪評が酷すぎる?評判が悪いとの噂を徹底解明した結果

Q4.硬さは3種類の中でどれがいい?

前章でも解説した通り、モットンには3種類の硬さがあり自分の好みに選ぶことが可能です。

繰り返しになりますが、硬さを選ぶ際は体重別に、

  • 45kg以下→硬さ140Nが理想
  • 46~80kg以下→硬さ170Nが理想
  • 81kg以上→硬さ280Nが理想
を参考にして選ぶのが最適でしょう。

▼関連記事
モットンは硬すぎる?実際の口コミを検証した結果【硬さの選び方を徹底解説】

Q5.返品方法・交換は可能?

モットンでは、購入から90日以内であれば全額返金保証があります。
そのためもしモットンが合わなかった場合はこの保証サービスを使いましょう。

また、硬さがイマイチ合わなかった場合も無償で交換に対応しています。

ただし、サイズ交換は行なっていないので注意してください。
返品・交換方法については以下の記事で解説しています。
モットンの「硬さ&サイズ」の交換方法を3分で解説|硬さが合わない時は?

結論:高品質のマットレスをコスパよく買うならモットンがおすすめ

いかがでしたか?
当記事ではモットンマットレスの「口コミ・評判」「メリット・デメリット」などについて解説していきました。

モットンの特徴をまとめると以下の通りです。

  • 日本で唯一自分に合う硬さを選べるマットレス
  • 厚み10cmで寝返りしやすく腰痛改善にも◎
  • 万が一硬さ選びに失敗しても無料で取り替え可能
  • 復元率96.0%で10年以上利用してもヘタらない(耐久性が高い)
  • 畳や床に直置きでもOK
  • 高品質にも関わらず低コスパ
  • 通気性が良く夏場も蒸れにくい
  • 販売数10万本以上かつランキング1位で評判が高い
  • 90日間返品保証があるので安心

以上の内容から、「腰痛や肩こりに悩んでいる」「なかなか夜眠れない」「朝起きると体が痛い・だるさが伴う」といった方は、高反発のモットンマットレスが最適でしょう。

まずは公式通販サイトでチェックしてみてくださいね!


\ 当サイトおすすめNO.1 /