モットンを赤ちゃんや子供が使って大丈夫?最適な硬さを徹底解説

腰痛マットレスとして知られるモットンですが、赤ちゃんや子供にも使えるのか気になっていませんか?

特に「子供と一緒に寝たい」という大人の方が気になる問題かと思います。

結論から言うと、モットンは赤ちゃんや子供にもおすすめできますが、年齢別に合う硬さが変わってくるので注意が必要です。

そこで当記事では、モットンが子供にもおすすめできる理由と最適な硬さについて解説していきます。

モットンの特徴

体重に合った硬さが選べる
腰痛・肩こり改善に効果的
90日間全額返金保証

評価
S評価 (4.7 / 5)
種類
高反発ウレタンマットレス
価格
シングル:39,800円
セミダブル:49,800円
ダブル:59,800円
硬さ
普通~硬め(反発力140N/170N/280N)
【3種類の硬さから選べる&交換可能】
厚さ
10cm
耐久性
高い(密度31D、復元率96%)
素材
ウレタンフォーム
生産国
日本製

※価格は全て税込み

\ 腰痛対策に効果的 /

※返品保証は上記サイト限定

モットンが赤ちゃんや子供におすすめできる理由

モットンは赤ちゃん(乳幼児)や子供におすすめできるマットレスです。

はじめにその理由について、モットンの特徴と同時に解説していきます。

  • 幼少期から成長期にかけて寝姿勢が保てる
  • 赤ちゃんや子供の寝返りを促す
  • 厳正な品質管理で肌の弱い赤ちゃんでも安心
  • モットンの通気性が良く蒸れにくい
  • ①幼少期から成長期にかけて寝姿勢が保てる

    モットンは高反発マットレスなので、適度な硬さがあります。

    そのため低反発マットレスにありがちな体が沈み込む心配がなく、理想のS字型姿勢が保ちやすいのが特徴です。

    幼少期は体格が形成される大事な時期ですが、モットンは正しい寝姿勢を維持してくれるので姿勢矯正に非常に効果的です。

    ②赤ちゃんや子供の寝返りを促す

    また反発力があることで、赤ちゃんや子供の寝返りを促します。

    柔らかいマットレスは一見心地良さそうに見えますが、沈み込むので体が固定化され、寝返りに向いていません。

    特に0歳~3歳の時期はうつ伏せ寝をする赤ちゃんが多く、窒息の危険性も少なからずあります。

    したがってモットンで寝返りしやすい点は大事なポイントです。

    ③厳正な品質管理で肌の弱い赤ちゃんでも安心

    モットンはISO認証取得工場で生産されており、厳正な検査を行っているので高品質になっています。

    具体的には、ホルムアルデヒドと呼ばれる有害物質が5μg以下で、いわゆる有害物質の非常に少ないマットレスです。

    そのため肌の弱い赤ちゃんやアレルギー持ちの子供でも安心て使えます。

    ④モットンの通気性が良く蒸れにくい

    ウレタンマットレスは一般的にあまり通気性に優れていませんが、モットンは基本的に心配ありません。

    ウレタンの空気砲の大きさを調整することで、通気性を考慮して作られています。

    そのため寝汗が多い子供でも蒸れにくくなっています。

    \ 腰痛対策に効果的 /

    ※返品保証は上記サイト限定

    赤ちゃんや子供に最適なモットンの硬さは?

    赤ちゃんや子供にも使えるモットンですが、年齢別に合う硬さは変わってきます。

    そこでここからは、年代別におすすめできるモットンの硬さを解説します。

    (※モットンには140N・170N・280Nの3種類の硬さがあり、N数が大きいほど硬くなります)

    • 赤ちゃんから小学生:140Nのモットン
    • 中学生:140Nまたは170Nのモットン
    • 高校生から大学生以上:体重に合わせてモットンを選ぶ
    • 子供と2人で寝る場合:140Nまたは170Nのモットン

    赤ちゃんから小学生:140Nのモットン

    生後数ヶ月の赤ちゃんから小学生がモットンを使う場合は、もっとも柔らかい「140N」の硬さを選びましょう。

    ただし赤ちゃんの場合、生後数ヶ月でモットンを使うにはやや硬めの場合もあるので、上に低反発マットレスや敷布団、柔らかいタオルなどを敷くとより心地良く使えます。

    中学生:140Nまたは170Nのモットン

    中学生になると、成長が著しい段階になるため、「140N」または「170N」の硬さがおすすめです。

    特に身長が伸び、筋肉が着き始めた男性の場合は、「170N」が向いています。

    一方女性であれば、より体に丸みが出てくるので「140N」の硬さ合うケースもあります。

    モットンでは硬さの無料交換にも対応しているので、実際に使ってみて合わなければ交換してみるのも手です。

    高校生から大学生以上:体重に合わせてモットンを選ぶ

    高校生から大学生以上の年代になると、体つきが成人に近くなるため、成人男女と同様に体重を目安に選びましょう。

    モットン公式では以下を基準として推奨しています。

    • 体重45kg以下:硬さ140Nのモットン
    • 体重46~80kg:硬さ170Nのモットン
    • 体重81kg以上:硬さ280Nのモットン

    迷ったら基本的に一番人気の「170N」がおすすめです。

    公式では教えないモットンの硬さの選び方【140N/170N/280Nの違い】

    子供と2人で寝る場合:140Nまたは170Nのモットン

    子供と2人で寝る場合は「140N」または「170N」の硬さがおすすめです。

    「280N」は子供には硬すぎるのでおすすめしません。

    小学生までの子供であれば「140N」、中学生以上であれば「170N」とあくまで子供に合わせて選ぶと良いでしょう。

    \ 腰痛対策に効果的 /

    ※返品保証は上記サイト限定

    赤ちゃんや子供にモットンが合うか不安な場合の対処法

    もし赤ちゃんや子供にモットンが合うか不安な場合は、以下を検討してみましょう。

    モットンにトッパーを重ねて調整する

    モットンの硬さが合わなかった場合は、トッパーを重ねることで寝心地が調整できます。

    モットンが硬すぎる場合は柔らかめのトッパーを、柔らかすぎる場合は硬めのトッパーを重ねればOKです。

    新たな寝具を買い替えるよりも安いので、予算を抑えたい方に最適です。

    非公開: すぐ寝心地改善!マットレストッパーおすすめ人気ランキング

    まずは90日間利用してみる

    もし購入から90日間であれば、モットンでは返品や交換に対応しています。

    そのためまずは90日間お試し寝として利用しましょう。

    なお、このサービスは以下の公式サイト限定であり、他サイトでは適用されないので注意してください。

    \ 腰痛対策に効果的 /

    ※返品保証は上記サイト限定

    モットン以外で赤ちゃんや子供におすすめなマットレス

    モットン以外にも、以下のように赤ちゃんや子供が利用できるマットレスはあります。

    赤ちゃん&子供向けマットレス

  • モットン
    →3種類の硬さから好みの硬さが選べる
  • 雲のやすらぎ
    →凸凹構造で高い体圧分散
  • エムリリー
    →低反発+高反発の二層構造で適度な柔らかめ
  • マニ・ベビー(マニフレックス)
    →高反発の子供向けマットレス
  • 詳しくは下記記事でご確認ください。

    非公開: 【超熟睡】ベビーマットレスおすすめ5選|赤ちゃんとの添い寝用も紹介
    モットンの特徴

    体重に合った硬さが選べる
    腰痛・肩こり改善に効果的
    90日間全額返金保証

    評価
    S評価 (4.7 / 5)
    種類
    高反発ウレタンマットレス
    価格
    シングル:39,800円
    セミダブル:49,800円
    ダブル:59,800円
    硬さ
    普通~硬め(反発力140N/170N/280N)
    【3種類の硬さから選べる&交換可能】
    厚さ
    10cm
    耐久性
    高い(密度31D、復元率96%)
    素材
    ウレタンフォーム
    生産国
    日本製

    ※価格は全て税込み

    \ 腰痛対策に効果的 /

    ※返品保証は上記サイト限定