危険?モットンの素材(中身)のウレタンフォームって何?プロが解説

「モットンマットレスの中身が気になる…」「ウレタンフォームってそもそも何?」などと思っていませんか。

なぜモットンが腰痛対策に良いマットレスと言われているのか、実は素材に特徴があります。

ヒツジくん

モットンの素材の良い点だけでなく、悪いと言われる点もしっかりチェックしていくよ!

そこで当記事では、モットン」が使用するウレタンフォーム素材について徹底解説していきます。

敏感肌で素材にこだわりたい方、ウレタンの特徴を知りたい方はぜひ参考にしてください。

以下の記事もチェック!
マットレスの最新情報は「【超厳選!】おすすめマットレス人気ランキング比較|2021年最新版」をチェック!

モットンの口コミ・評判については「寝心地悪い?モットンの口コミ&評判の全まとめ|効果を総合評価した結果」をチェック!

モットンの素材(中身)はウレタンフォーム

冒頭でもお話したように、「モットン」の素材(中身)はウレタンフォームを使用しています。

色は画像の通り、グレーですが、普段はカバーがかけられているため、見かけ上は白いマットレスになっています。

そもそもウレタンフォームとは、原料がポリウレタン(プラスチック樹脂)で、中に含まれる気泡きほうによって通気性が良いのが特徴です。

特にモットンマットレスで採用されている”硬質ウレタン”は、反発力がありしっかりとした弾力性があります。

そのため、モットンマットレスは以下のような特徴があげられます。

  • 反発力があり体圧分散性に優れている
  • 体が沈みにくく寝返りしやすい
  • 通気性が良く蒸れにくい
  • ダニやノミを寄せ付けにくい
  • 耐久性が高く長持ちしやすい

また、ウレタンは安価なのも特徴で、上記のように高品質にも関わらずコスパ良く利用できる点も評価できるでしょう。

カバーはポリエステル100%

モットンマットレスはウレタン素材ですが、付属のカバーは「ポリエステル100%」を使用しています。

ポリエステルは衣類や家具によく使われる素材ですが、耐久性が高くシワになりにくいのが特徴です。

ヒツジくん

洗濯の丸洗いやクリーニングに出しても大丈夫だよ!

中でもモットンの場合、ベロア素材なので光沢があり、ふかふかした手触りになっています。

ベロア素材は、保温効果があり、また通常のポリエステル素材にありがちな静電気が少ないのもメリット。

詳しくは公式サイトでチェックしてみてください。


\ 当サイト人気NO.1 /

モットンのウレタン素材の悪い点はある?Q&Aから分かる特徴

さて、「モットン」の素材について特徴を解説しましたが、それでは素材の悪い点はあるのでしょうか。

ここからは、口コミでたびたび見かける3つの疑問について見ていきましょう。

  1. モットンはウレタン臭する?匂いは臭い?
  2. ウレタン素材はカビが生えやすい?
  3. ウレタンの耐久性が悪いって本当?

Q1.モットンはウレタン臭する?匂いは臭い?

モットンが使用するウレタンによって、いわゆる”新品臭”といわれる匂いがある場合があります。

前述通り、ウレタン素材は通気性が良いため、蒸れにくい一方で、匂いが移りやすいのも特徴です。

そのため使っていけば徐々に匂いは取れますが、もし気になる場合は数日間、日陰干しをしてお手入れをすると良いでしょう。

モットンの匂いは本当に臭いのか?嘘なしで徹底検証した結果

Q2.ウレタン素材はカビが生えやすい?

一般的にウレタンマットレスは、床に直置きにして使用するとカビが生えてしまう場合があります。

ただしモットンの使用する硬質ウレタンは気泡きほう(ウレタンにある空気穴)が繋がっておらず、すなわち水分が通りにくくなっています。

そのため、睡眠中かいた汗が床に伝わりにくく、カビの心配はそこまでありません。

とはいえ、お手入れをせずに放置しておくと湿気が溜まってしまうので、定期的なお手入れは忘れずにしましょう。

モットンにカビが生えてしまった…知っておきたい湿気問題を解説

Q3.ウレタンの耐久性が悪いって本当?

ウレタンフォームにも種類が沢山あり、使う素材によって耐久性が異なります。

例えば低反発ウレタンの場合、スポンジのように柔らかく、耐久年数は2~3年ほどです。

しかし、モットンが使用する高反発ウレタンは反発力が強く、耐久年数は8~10年ほどと言われています。

また、厚みが10cmと厚いのもへたりにくい特徴といえるでしょう。

モットンがへたりやすいのは本当?耐久性(寿命)について徹底解説|へたった際の対処法は?

そもそもマットレスの耐久年数は、「密度」と「復元率」の2つの要素で決まるのですが、モットンの場合は、

  • 密度「25D以上」であれば高い
    →モットンの密度「30D」
  • 復元率「90%以上」であれば高い
    →モットンの復元率「96%」
  • と非常に高くなっています。

    そのため、耐久性についてはほとんど心配ありません。


    \ 当サイト人気NO.1 /

    モットンのウレタン素材が合わない場合は…?

    以上の内容を改めてまとめると、モットンのウレタン素材は、

    • 反発力があり体圧分散性に優れている
    • 体が沈みにくく寝返りしやすい
    • 通気性が良く蒸れにくい
    • ダニやノミを寄せ付けにくい
    • 耐久性が高く長持ちしやすい

    といった特徴があることがわかりましたね。

    また、もし購入後、素材が合わなかった場合は全額返金をすることも可能です。

    モットンでは現在「90日間の全額返金保証制度」を実施しており、実質90日間のお試し利用ができます。

    まだ購入していないけど、一度試してみたいという方は、この機会にぜひ試し寝をしてみてくださいね。
    (※返品保証は公式サイト限定であり、他サイトでの購入は適用外となるので要注意)


    \ 当サイト人気NO.1 /

    腰痛改善で人気NO.1「モットンマットレス」
    腰痛&肩こり改善に◎ 好きな硬さが選べる 安心安全の日本製

    お試し利用で90日間無料!腰痛改善に特化した万人向けマットレス!


    ▶︎ 詳細ページ