モットンに布団乾燥機は注意が必要な理由【3分で理解】

モットン」に布団乾燥機を使おうと思っていませんか。

マットレスに湿気が溜まるとカビてしまうこともあるため、常に乾燥させておくことは大事です。

ヒツジくん

ウレタンマットレスは定期的にお手入れしないとヘタりやすくなるよ…。

とはいえ、布団乾燥機を使用する際には注意点があるため、とりあえず使えばいいというわけではありません。

そこで今回は、モットンに布団乾燥機を使う際の注意点や使えるケースについて解説していきます。

以下の記事もチェック!
マットレスの最新情報は「【超厳選!】おすすめマットレス人気ランキング比較|2021年最新版」をチェック!

モットンの口コミ・評判については「寝心地悪い?モットンの口コミ&評判の全まとめ|効果を総合評価した結果」をチェック!

モットンに布団乾燥機は使用可能

冒頭でお話したように、モットンに布団乾燥機を使うことは可能です。

実際に「公式サイト」でも以下のように、電気毛布や布団乾燥機の使用を許可しています。

電気毛布や布団乾燥機を使用しても問題ないでしょうか?
-はい。問題ございません。ただし、50℃以上にならないように気を付けて頂ければ幸いです。

使用は可能ですが、50℃以上にならないようにとの回答がされていますね。

注意!モットンに布団乾燥機を使う際は温度に気をつける

モットンのようなウレタン性のマットレスは、熱にあまり強くありません。

熱を長時間加えると、ウレタンがヘタりやすくなり耐久性が弱くなってしまうためです。

そのため、布団乾燥機は50℃未満に設定し、特にダニコースなどの高音設定は避けましょう。

もし布団乾燥機の使用が不安であれば、扇風機や乾燥機で涼しい風を当てるだけでも湿気飛ばしは可能です。


\ 当サイト人気NO.1 /

モットンに布団乾燥機が使える3つのケース

それでは、「モットン」はどのような状況で布団乾燥機が必要なのでしょうか。

ここからは、布団乾燥機が使える3つのケースを見ていきます。

  1. カビ予防をしたい時
  2. 飲み物をこぼしたりおねしょで濡れてしまった時
  3. 定期的なお手入れができない時

ケース1.カビ予防をしたい時

一つ目のケースはカビ予防をしたい時。

一般的に、人は一日の睡眠でコップ1杯分の汗をかくと言われています。

そのため、汗がマットレスに伝わり湿気が溜まるため、カビの原因になることがたびたびあります。

モットンにカビが生えてしまった…知っておきたい湿気問題を解説

布団乾燥機を使えば目に見えない湿気が飛ぶので、カビ予防として効果的ですね。

ケース2.飲み物をこぼしたりおねしょで濡れてしまった時

次に飲み物をこぼしたり、おねしょで濡れた時に乾燥させるのも手ですね。

マットレスカバーは洗濯が可能ですが、マットレス本体は丸洗いができません。

そのため、もしマットレスが濡れてしまったら、まずは綺麗に拭き取ってから、布団乾燥機で乾燥させると良いでしょう。

ケース3.定期的なお手入れができない時

最後に、定期的なお手入れができない時に使うのも労力を使わずできるので楽です。

モットンのようなウレタン性マットレスは、通気性が良いためそこまで湿気はたまりやすいわけではありませんが、それでもやはり前述通り湿気はたまります。

風通しの良い場所で、モットンを壁に立てかけて日陰干しするのが一般的ですが、とはいえ毎回やるのは大変な場合も。

ヒツジくん

マットレスは軽いわけではないから、場所によっては難しい場合もあるよね…

そこで布団乾燥機を使って、敷いたまま乾燥させると簡単にお手入れできるでしょう。


\ 当サイト人気NO.1 /

まとめ:乾燥を維持するなら除湿シートもおすすめ

さて、モットンに布団乾燥機を使う際の注意点などをお話しましたが、温度さえ気をつければ大きな問題はないでしょう。

マットレスのカビを防ぐためにも、布団乾燥機のような定期的なお手入れは大事です。
参考記事:【完全版】モットンのお手入れ方法|洗濯不可でどうすれば良い?

なお、もし布団乾燥機を持っていない・使うのが面倒、といった場合は除湿シートを使うのがおすすめです。

現在モットンジャパンでは、モットンマットレスに合った専用の「モットン除湿シート」も販売されているのでそちらも参考にしてみてください。

まだモットンマットレスを持っていない場合は、ぜひ下記の公式サイトをチェックしてくださいね!
(※モットンの全額返金保証は、公式サイトでの購入のみ適用なので注意)


\ 当サイト人気NO.1 /

腰痛改善で人気NO.1「モットンマットレス」
腰痛&肩こり改善に◎ 好きな硬さが選べる 安心安全の日本製

お試し利用で90日間無料!腰痛改善に特化した万人向けマットレス!


▶︎ 詳細ページ