モットンにカビが生えてしまった…知っておきたい湿気問題を解説

マットレスで悩みやすいカビ問題。

モットンを使っている人であれば、カビが生えないか心配な方もいるかと思います。

ヒツジくん

モットンが使っているウレタンはカビ対策が必須だよ…!

そこで当記事では、モットン」のカビについて、カビが生えてしまった際の除去方法、また事前の予防方法を解説していきます。

既に使っている方だけでなく、これからモットンを使う予定の方もぜひ参考にしてください。

以下の記事もチェック!
マットレスの最新情報は「【超厳選!】おすすめマットレス人気ランキング比較|2021年最新版」をチェック!

モットンの口コミ・評判については「寝心地悪い?モットンの口コミ&評判の全まとめ|効果を総合評価した結果」をチェック!

モットンはカビが生えやすいの?湿気は溜まる?

そもそもモットンはカビが生えやすいのでしょうか。

モットンが使用するウレタンフォームは通気性がよく、蒸れにくいメリットがあります。

一方で、この通気性の良さによって、寝汗をかくとその湿気が床に伝わり、マットレスと床の間にカビが生えてしまう場合も。

これはモットンに限らず、ウレタンマットレスであれば可能性としてあり得るでしょう。

そのため、定期的な湿気飛ばしは非常に大事です。

【完全版】モットンのお手入れ方法|洗濯不可でどうすれば良い?

方法は簡単で、基本的に風通しの良い場所にモットンを立てかけて、日陰干しすれば湿気は取れます。

モットンは厚みがあり(10cm)、品質の高いウレタンを使っているためそこまで心配することはありませんが、とはいえカビが生える可能性はゼロではないので、やはり定期的なお手入れは必要です。

詳しくは以下の公式サイトをチェックしてみてください!


\ 当サイト人気NO.1 /

モットンにカビが生えてしまった際の除去方法

もし「モットン」にカビが既に生えてしまった場合は、以下の段階に合わせて対処すると良いでしょう。

  1. 初期段階:エタノールがおすすめ
  2. やや頑固なカビの場合:漂白剤がおすすめ
  3. それでも除去できなければ廃棄が適切

初期段階:エタノールがおすすめ

モットンの裏に黒いポツポツができ始めたら、カビの初期段階となります。

その際は「消毒用エタノール」を使うのがおすすめ。
手順は以下の通りです。

  1. 消毒用エタノールをタオルに染み込ませる
  2. 染み込ませたタオルを、カビの生えている部分に置く
  3. そのまま1時間放置する
  4. タオルにエタノールを再度染み込ませ、カビ部分を強めに拭き取る
  5. マットレスを壁に立てかけて乾燥させる

消毒用エタノールは薬局やドラッグストアで格安で手に入ります。

もし手につけたくない場合は、ゴム手袋をするか、霧吹きのついた容器に移し替えて作業すると良いでしょう。

やや頑固なカビの場合:漂白剤がおすすめ

次にエタノールでもカビが取れない場合は、「漂白剤」がおすすめです。

特にモットンカバーにカビが生えている場合は、漂白剤が最適です。

モットンカバーの素材はポリエステル100%であるため、塩素系漂白剤を使うと素早くカビが取れます。

なお、方法は以下の手順です。

  1. 漂白剤をモットンに直接染み込ませる
  2. カビが消えるまで放置する
  3. タオルをぬるま湯につける
  4. ③のタオルで、カビ部分を強めに拭き取る
  5. マットレスを壁に立てかけて乾燥させる

カビは高温が苦手なので、できれば「40℃以上の熱」にタオルをつけて拭き取ると効果的でしょう。

それでも除去できなければ廃棄が適切

もし上記2つの方法でもカビが取れない場合は、廃棄を検討した方がいいかもしれません。

捨てた方がいいかは以下の基準で判断してください。

    マットレス裏面の5割以上がカビを占めている
    マットレスがヘタって凹んでいる
    5年以上使用している

カビが生えすぎている状態では、マットレスがヘタリやすく、腰に負担がかかりやすくなってしまいます。

そのため潔く廃棄をして、また新たにマットレスを購入すると良いでしょう。

なお、再度モットンを使う場合は、公式サイトで購入することをおすすめします。

公式サイトの場合、2回目の購入の方限定でクーポンが適用されるためです。
(※クーポン対象期間は不定期)


\ 当サイト人気NO.1 /

モットンをカビ防止させるなら「除湿シート」

さて、カビ除去の方法をご紹介しましたが、「まだカビは生えてないけど事前の対策はしておきたい」という方は「除湿シート」がおすすめです。

特にモットンを床に直接直置きにする場合は、除湿シートを敷いて湿気飛ばしをするとカビが防げます。

なお、現在モットンでは、マットレスに合った「モットン専用の除湿シート」もあります。

モットンマットレスに合わせて、各サイズが用意されており、マットレスのついでに購入するのも手でしょう。

なお、除湿シート以外でカビ防止させる方法については、下記記事を参考にしてください。
【完全版】モットンのお手入れ方法|洗濯不可でどうすれば良い?

結論:モットンにカビが生える可能性はゼロではないが、対策すればOK

いかがでしたか?
当記事の結論を改めてまとめると、

  • モットンにカビが生える可能性はゼロではないが、対策さえしていれば問題ない
  • となります。

    カビが生えてしまうのは、ずっと床に直置きしているケースなど極端な場合であり、定期的に湿気を飛ばしていれば問題ありません。

    ぜひ、実際にモットンを使ってウレタンならではの通気性の良さを実感してみてください!


    \ 当サイト人気NO.1 /

    腰痛改善で人気NO.1「モットンマットレス」
    腰痛&肩こり改善に◎ 好きな硬さが選べる 安心安全の日本製

    お試し利用で90日間無料!腰痛改善に特化した万人向けマットレス!


    ▶︎ 詳細ページ