どっちが良い?西川エアーSIとSXの違いを体験比較した結果

「西川エアーSIとSXの違いってなに?」と悩んでいませんか。

西川シリーズの上位モデルに位置する「西川エアーSI」と「西川エアーSX」ですが、実は構造から寝心地まで全く違います。

そこで当記事では、実際に「西川エアーSI」「西川エアーSX」のマットレスを体験し、違いを徹底比較していきます。

ぜひ購入時の検討材料として参考にしてください。


▼格安モデルの比較については以下で解説

一発で分かる!西川エアー01と03の違い|SEマットレスも比較

西川エアーSIとSXの違い

以下は「西川エアーSI」と「西川エアーSX」の各スペックを比較したものです。

西川エアーSI 西川エアーSX
料金 【9cmモデル】
セミシングル:93,500円
シングル:93,500円
セミダブル:115,500円
ダブル:137,500円
【9cmモデル】
セミシングル:154,000円
シングル:154,000円
セミダブル:187,000円
ダブル:220,000円
厚さ マットレス:9cm
ベッドマットレス:14cm
マットレス:9cm
ベッドマットレス:14cm
カラー ブラック/ブルー レッド/ロイヤルブルー
硬さ
(ニュートン)
レギュラー:適度な硬め(140N)
ハード:硬め(170N)
レギュラー:適度な硬め(140N)
ハード:硬め(170N)
耐久年数 約8~10年 約8~10年
エッジ強化 無し 有り
(タフサイドライン)
素材 高反発ウレタン 高反発ウレタン
保証 3年品質保証 3年品質保証
ネット購入 可能 不可
店舗購入 可能 可能
特徴 ・ムマクフォーム素材使用
・寝返りしやすい
人気モデル
・ソムニフォーム素材使用
・フィット感ある寝心地
大谷翔平モデル

※値段は全て税込み

それでは「西川エアーSI」と「西川エアーSX」について、構造・硬さ・耐久性・通気性・カバー・厚さ・値段の7つで比較していきましょう。

SIとSXの違い①構造で比較

「西川エアーSI」と「西川エアーSX」の大きな違いは構造です。

いずれもマットレス表面にキューブ型の凸凹加工がされていますが、使用している素材が異なります。

「西川エアーSI」のトップ層にはムマクフォームという、通気性が高いウレタン素材が使用されています。

そのため背中の蒸れを防ぎ、また寝心地は「西川エアーSX」よりも寝返りしやすい印象です。

一方で「西川エアーSX」ではトップ層にフレスフォームを採用し、ソフト感のある素材です。

また「西川エアーSX」の場合、中間層にソムニフォームという弾力性のある素材もプラスされています。

これにより、「西川エアーSX」はフレスフォームで体へのフィット感(密着性)があり、ソムニフォームによってスプリングマットレスのようなバネ感も持ち合わせた寝心地となっています。

SIとSXの違い②硬さで比較

構造は違うものの、実はマットレスの硬さは同じです。

「西川エアーSI」と「西川エアーSX」はいずれも”レギュラーモデル”と”ハードモデル”の2種類の硬さがあり、一覧化すると以下の通り。

西川エアーSI 西川エアーSX
レギュラー ハード レギュラー ハード
140N 170N 140N 170N
適度な硬め 硬め 適度な硬め 硬め

N(ニュートン)はいわゆる反発力を示し、数値が大きいほど寝心地が硬くなります。

数値上の硬さは同じですが、前述通り「西川エアーSX」には低反発に近い素材が使われているため、体へのフィット感がアップしています。

SIとSXの違い③耐久性(寿命)で比較

寝心地同様に大事なのがマットレスの耐久性。

「西川エアーSI」と「西川エアーSX」はいずれも西川シリーズの中でも耐久性が高く、寿命約8~10年は持つでしょう。

特に「西川エアーSX」はタフサイドラインという、エッジ強化をすることで安定感がアップしています。

これはマットレスの両サイドに通常より幅の広いキューブを使うことで、マットレスの落ち込みやヘタリを防ぐ効果があります。

このタフサイドラインは「西川エアーSI」にはなく、「西川エアーSX」のみに採用された構造です。

SIとSXの違い④通気性で比較

次に通気性で比較すると、「西川エアーSX」にやや軍配が上がります。

「西川エアーSI」はクロススリット構造と呼ばれる、縦からも横からも除湿できるスリット(切り込み)があります。

「西川エアーSX」の場合、これに加えて70個※の通気孔と、裏面に70本※のスリットがプラスされています。

(※シングルサイズの場合)

いずれも一般的なウレタンマットレスと比べると非常に通気性が高いですが、「西川エアーSX」は西川シリーズで最も蒸れにくいモデルといえるでしょう。

SIとSXの違い⑤マットレスカバーで比較

通気性にはカバー(側地)の素材もポイントです。

「西川エアーSI」と「西川エアーSX」はいずれも表地はポリエステル100%で、通気性の高いメッシュ生地になっています。

取り外しも簡単で繰り返し洗濯でき、暑い夏でも心配ありません。

なお、「西川エアーSX」のカバーは世界的なファッションデザイナー滝沢直己氏がデザインを監修しています。

SIとSXの違い⑥厚さで比較

西川シリーズには床に直置きして利用できるマットレスと、ベッドフレームの上で使うベッドマットレスの2種類あります。

「西川エアーSI」と「西川エアーSX」の厚みは全く同じで、以下の通りです。

  • マットレスタイプ:厚さ9cm
  • ベッドマットレスタイプ:厚さ14cm

ベッドマットレスの方が寝心地の安定感と耐久性に優れていますが、コスパが良いのはマットレスタイプです。

SIとSXの違い⑦値段で比較

最後に各値段をみていきましょう。

マットレスタイプ(厚さ9cm)の「西川エアーSI」と「西川エアーSX」で値段比較すると以下の通り。

西川エアーSI マットレス 西川エアーSX マットレス
レギュラー ハード レギュラー ハード
シングル 93,500円 110,000円 154,000円 176,000円
セミダブル 115,500円 132,000円 187,000円 209,000円
ダブル 137,500円 154,000円 220,000円 242,000円
70cmサイズ 132,000円 154,000円
78cmサイズ 93,500円 110,000円
80cmサイズ 154,000円 176,000円
88cmサイズ 93,500円 110,000円
90cmサイズ 154,000円 176,000円

※値段は全て税込み

次にベッドマットレスタイプ(厚さ14cm)の「西川エアーSI」と「西川エアーSX」で値段比較すると以下の通りです。

西川エアーSI ベッドマットレス 西川エアーSX ベッドマットレス
レギュラー ハード レギュラー ハード
シングル 143,000円 165,000円 220,000円 253,000円
セミダブル 165,000円 198,000円 269,500円 302,500円
ダブル 187,000円 231,000円 319,000円 352,000円
78cmサイズ 143,000円 165,000円
80cmサイズ 220,000円 253,000円
88cmサイズ 143,000円 165,000円
90cmサイズ 220,000円 253,000円

※値段は全て税込み

「西川エアーSX」は西川シリーズの最上位モデルであるため、値段はそれなりにかかります。

なお、「西川エアーSI」は以下の公式サイトから購入できますが、「西川エアーSX」は店舗販売のみである点は注意してください。

\ 西川エアーSIの購入はこちら /

※保証は上記サイト限定

違いから分かる西川エアーSIとSXの向き不向き

これまでの内容から、「西川エアーSI」と「西川エアーSX」の向き不向きをまとめていきます。

西川エアーSIマットレスがおすすめな人

西川エアーSIがおすすめな人

  • 適度な硬め~硬めが好みな人
  • 人気モデルを使いたい人
  • フィット感よりも反発性(寝返りのしやすさ)重視な人
  • 予算10万円前後の人
  • ネットで購入をしたい人
  • 通気性の高さも考慮したい人
  • 西川エアーSIは西川シリーズの上位モデルの中で、一番人気のモデルです。

    反発力がしっかりしているので、腰が沈み込みにくく腰痛改善が期待できます。

    そのため体重が重い方や、筋力の多い方も安心です。

    予算についても10万円前後と、上位モデルであることを考慮すると高すぎない点も◎。

    「どうしても最上級モデル(西川エアーSX)を使いたい」というこだわりがなければ、「西川エアーSI」で十分贅沢な睡眠ができるでしょう。

    \ 西川エアーSIの購入はこちら /

    ※保証は上記サイト限定

    西川エアーSXマットレスがおすすめな人

    西川エアーSXがおすすめな人

  • 硬さだけでなくフィット感も求める人
  • 最上位モデルを使いたい人
  • 耐久性の高さ&安定感を求める人
  • 予算15万~で余裕がある人
  • 西川の店舗まで買いに行ける人
  • 通気性の高さも考慮したい人
  • 「西川エアーSX」はプロ野球の大谷翔平選手が愛用するモデルです。

    値段が15万円以上の最高級モデルで、素材から構造まで徹底してこだわり抜いたスペックです。

    特に高反発ではあるものの、低反発に近い素材を採用することで、ソフト感もプラスされた馴染みやすい寝心地になっています。

    ただし「西川エアーSX」はネット販売はしておらず店舗販売限定であるため、直接足を運んで購入する必要がある点は注意が必要です。

    西川エアーSIとSXの口コミ&評判

    最後に実際に西川エアーを使用した人の口コミ&評判を調査してみました。

    西川エアーSIの口コミ&評判

    「西川エアーSI」の口コミ&評判は以下の通りです。


    西川エアーSIでの睡眠1日目、既に寝起きで体の軽さを感じる

    ばりゅ @valyu3Twitterからの口コミ

    西川エアーSIが寝心地良すぎて出られない罠

    mydr @81_5k1Twitterからの口コミ

    西川エアーSIダブル届いた((o(。・ω・。)o))
    西川エアのサイトで自分に合った最適の硬さを選べます!
    スポーツ選手も多数、使用して評判の西川エアー♪
    今日から安眠(∩˃o˂∩)♡ pic.twitter.com/j10wVK67lw

    でゅある @dual3776Twitterからの口コミ

    2021年買ってよかったモノ

    西川 エアーSIマットレス(ダブル)
    PS5

    @pi_prfmTwitterからの口コミ

    @NaNa_nkj624 我が家も数年前に普通の敷布団から西川エアーSIに変えたけど、めちゃめちゃ睡眠の質上がったよ!マット系全般的に腰痛ある人は硬めがおすすめって布団売り場の人が言ってた💁‍♀️私もハードタイプ使ってる👍

    たま☺︎@3y @6w19516758Twitterからの口コミ

    西川エアーSI、一日目、なるほど、これは店頭で試したくらいではわからん、うまり1日では分からん
    が感触は良い、仰向けに寝てる状態で少しの沈み込みがあるのを良しとするかどうかみたいなところはありそう、腰、脊柱の軽い沈み込みは感じる、正直横になったとき肩はもう少し沈んでほしい

    XJINE @XJINETwitterからの口コミ


    『体の軽さを感じる』『睡眠の質上がった』という良い声がほとんどでしたが、一部では『正直横になったとき肩はもう少し沈んでほしい』との声も。

    硬さが不安な方は一度店舗でお試し寝してみるのも手です。

    \ 西川エアーSIの購入はこちら /

    ※保証は上記サイト限定

    西川エアーSXの口コミ&評判

    「西川エアーSX」の口コミ&評判には以下のような声がありました。


    生活を激変させた神アイテム6選

    1. 西川エアーSX マットレス
    2. 西川エアー4DXピロー
    3.ドラム式洗濯機
    4. Apple Watch
    5. 電動自転車
    6. 都心駅近の家

    特に1、2は効果が驚異的で、私の場合は、不眠症で夜中4回起きてたのが2回になりました。

    おとな @iitainenTwitterからの口コミ

    結局SXを買ってセッティングしたら腰も肩も超楽でビビった。これで寝て食いすぎをやめれば健康診断こわくない。

    bomberMaki @minionsBy2002Twitterからの口コミ

    眠りの質を高めるのって大切だなと思い
    、大谷翔平君に誘われて、大谷君愛用の西川エアーマットレスSXを試したら、コレがまあ素敵すぎた!寝心地の良さに感動しましたpic.twitter.com/5n2ZwqrhBB

    sagradamachiko🌸 @sagradamachikoTwitterからの口コミ

    あんまり効果がなかった西川エアー3を手放して、1年ほどニトリの羊毛布団使ってたけど、毎朝背中が痛かったのでエアーSXを買った。店員さんの言うとおり一日目から効果を実感した。高かったけど、高級羽毛布団ほどではないし、外に干さなくていいのが楽だと思う。

    Yusuke @yyamasakTwitterからの口コミ


    『寝心地の良さに感動した』といった寝心地の他に、『腰も肩も超楽でビビった』と体への変化を指摘する評価がありました。

    そのため肩こりや腰痛効果も期待できそうです。

    なお、当記事では西川エアーの上位モデルをご紹介しましたが、スタンダードモデル(格安モデル)については下記リンクで解説しています。

    ぜひそちらも参考にしてください。

    一発で分かる!西川エアー01と03の違い|SEマットレスも比較
    マットレス選びに悩んでいませんか?

    当サイトでは、人気の寝具メーカーを徹底的に調査し、本当におすすめできるマットレスを厳選しました。
    以下のページでは、寝心地の良さ・体への負担の少なさ・コスパの良さ・耐久性の高さなど、バランスの取れたマットレスをご紹介しています。

    マットレス人気ランキングはこちら