【5分で理解】マットレスの詰め物の役割とは?中身(構造)を徹底解剖

「マットレスの中身ってどうなっているの?」「詰め物の役割ってなに?」と思っていませんか。

詰め物は、マットレスの寝心地や耐久性に直接的に影響します。
そのため、何を使っているのか知っておくことで自分に合ったマットレスが選びやすくなるでしょう。

そこで当記事では、

  • 詰め物の役割
  • 詰め物の種類
  • 詰め物に関する注意点
について解説していきます。

以下の記事もチェック!
マットレスの最新情報は【超厳選!】おすすめ腰痛マットレス人気ランキング比較|2020年最新版をチェック!

マットレスの詰め物の役割とは?

マットレスの詰め物の主な役割は、「寝心地を良くする」ことと「体圧分散させる」の2つあります。

1.寝心地を良くする

一般的にマットレスは、ボンネルコイルやポケットコイルといった中材で体を支え、その上に詰め物を加えて寝心地を良くします。

そのため、寝心地やマットレスの硬さは詰め物によって左右されると言えます。

詰め物の役割は意外にも重要で、品質が悪い詰め物やただやみくもに詰め込まれたマットレスの場合、ヘタりやすかったり腰痛の原因になるので要注意です。

2.体圧分散させる

二つ目に、詰め物は体圧分散の役割もあります。

横になった時、特に負担がかかりやすい腰や背中部分の体圧を、体全体に分散させるわけですね。

体圧分散される主なメリットは、体に負担がかかりにくい・寝返りしやすいことです。

とはいえ、体圧分散性に優れているかどうかは前述同様、詰め物の品質によって変わります。

マットレスの構造について|中身(詰め物)を徹底分析

それではマットレスの中身はどのような構造になっているのか、さらに深掘りしていきましょう。

マットレスで使われる詰め物は、主に「ウレタンフォーム」や「不織布・フェルト」、「綿」などがあります。
ここでは3つの事例をご紹介します。

詰め物に「ウレタン」を使ったマットレス例

メーカー 構造
シモンズ
  • ウレタン
  • ストレッチバックシート
  • ウレタン
  • ポケットコイル
  • ウレタン
  • ストレッチバックシート
  • ウレタン
  • 詰め物としてウレタン(ウレタンフォーム)を使うマットレスは、高反発・低反発問わず多いです。

    スポンジのような柔らかさで、体圧分散性に優れ、耐久性が高いのが特徴。
    また、利便性が高いため、高いメーカーから安いメーカーまで幅広く利用されています。

    代表的なマットレスとして、高級ブランドのシモンズや、柔らかめで優反発のエムリリーなどが挙げられます。

    詰め物に「フェルト」や「不織布」を使ったマットレス例

    メーカー 構造
    タンスのゲン
  • 表地+ウレタン+不織布
  • 500gハードフェルト
  • 500gハードフェルト
  • 不織布
  • ボンネルコイル
  • 500gハードフェルト
  • 120g不織布グレー
  • 「フェルト」や「不織布」を詰め物として使うマットレスもあります。

    ボンネルコイルマットレスで使われることが多いです。

    とはいえ柔らかい寝心地ではなく、比較的硬めで安いメーカーに多く見受けられます。
    そのため、腰痛改善にはあまり適していません。

    詰め物に「エリオセル」を使ったマットレス例

    メーカー 構造
    マニフレックス
  • エリオファイバー
  • エリオセルMF
  • エリオセル
  • エリオファイバー
  • 芯材 エリオセル
  • エリオファイバー
  • エリオセル
  • エリオファイバー
  • イタリアブランドの「マニフレックス」ではエリオセル素材を使っています。

    エリオセルはウレタンに似た素材で、硬すぎず柔らかすぎない寝心地で適度な反発力があるのが特徴です。

    注意!詰め物があっても良いマットレスとは限らない

    さて、詰め物について簡単に見てきましたが、注意していただきたいのが詰め物があるからとはいえ必ずしも良いマットレスとは限らないという点です。

    詰め物が多すぎると以下のような弊害が考えられます。

    • ヘタりやすくなる
    • 通気性が悪くなる
    • スプリングの役割が軽減される

    スプリング(ボンネルコイルやポケットコイル)の上に詰め物が沢山ありすぎると、スプリング本来の良さが半減してしまう恐れがあります。

    とある低品質なメーカーでは、詰め物をやみくもに入れることで、分厚く見せて見た目を良くするケースも。

    一見豪華に見えるマットレスですが、実際使うと寝心地が悪かったり、腰に負担がかかってしまうのです。

    そのため、詰め物は見た目に惑わされずに必要最低限あれば良いというのが当サイトの結論です。

    詰め物自体を否定しているのではなく、意味のある詰め物と無意味な詰め物があるということです。

    なお、高品質な詰め物を使い、寝心地・腰痛改善に考慮したおすすめのマットレスについては下記リンクでまとめてあります。
    良ければそちらも参考にしてください。


    \ 2020年最新情報 /

    「おすすめ腰痛マットレス人気ランキング」へ